季節のトピックまとめサイト

季節のトピックに関するまとめサイトです。

生活

衣替えにおける衣類の収納

投稿日:2017年4月11日 更新日:

衣替えをするときに、
知っておくといい情報やコツってあるんです。

年に何度もするわけではない衣替え。
コツや収納術を知ってからすることで、
スムーズにできるようになるんです。
これから衣替えをするあなたの参考になれば幸いです。

衣替えで知って得するコツと収納術

衣替えをするときに、
一番大切なのはいらない服は思い切って捨てることです。
私は時間があるときに、
衣替えをする前に今シーズンの服を捨てています。

気がついた時にいらない服を処分できる性格ならいいですが、
そうでない場合は衣替えを機に思い切って着ない服を捨てましょう。

着ない服は捨てるかリサイクルする

整理収納アドバイザーの方は衣替えの際に、
来シーズンは着る予定がない服、
もう着ないと判断した服、
今年着なかった服をバッサリ捨ててしまうんです。

この思考はとても参考になりますね。

今までに「今年着なかったけど、来年は着るかも…」
と置いておいた服を次のシーズンにどれだけ着ましたか?

私は1割もないです。

今年はしまいこんでいて存在を忘れていたけど、
来年は絶対着る!というような、
特別な場合には残しておいても良いかもしれませんが、
可能な範囲で今シーズン着なかった衣類は、
思い切って捨ててしまってはいかがでしょうか?

1年ではさすがに判断できないというのであれば、
3年を基準に考えてみてください。
ファッションの流行も大体3年周期くらいで変わるものです。

新しい服を買うことも考えて、
衣替えが完了した時点で衣装ケースの収納が8割、
空いたスペースが2割という状態を目指しましょう。

自分は着ないけど
まだ着れるしもったいなくて捨てられないという場合には、
人に譲ったり、メルカリやヤフオク、
ブランド品の衣類ならブランディアなどを
利用してはいかがでしょうか?

季節ごとに服をわける

衣替えをする際に、
衣類を季節ごとにわけておくと次の衣替えの時らくになります。
普段も出かける前に着るものを探しやすくなるので、
おすすめの収納術です!

わける基準

・一年を通していつでも着る服
・真冬にしか着ない厚手の服
・真夏にしか着ない服
・秋冬に着る薄手の服
・春夏に着る薄手の服

下2つの薄手の服は、
秋と春で共通して着る場合にはわけなくてもオッケーです。
そのへんは臨機応変に行いましょう。
分類したら、
洗濯した後バラバラに入れちゃわないように注意してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
 

衣替えで服を収納する時のたたみ方

衣替えの時に気をつけてほしいことのひとつに
たたみ方があります。

適当にたたんで積み上げる収納方法ですと、
下に何が入っているのか見えない上に
かさばって収納スペースを余分に使ってしまうことになります。
それを避けるために、
たたむ時は収納ケースの大きさを意識した幅で、
そでを内側に折り込んで四角くなるようにします。

それを縦に並べていくことで、
どこに何が入っているのか一目瞭然で、
収納スペースを無駄にすることなくしまうことができます。

服は何枚もあると思うので、
あまり神経質になりすぎず、
自分にとって1番楽でやりやすいたたみ方を
あみだしてみてください。

衣替えの収納に段ボールは禁止

衣替えをするときに、
もうしばらくは着ない服をどこに直していますか?

初めに言っておきますが、
段ボールだけは絶対にやめてください。
虫に食われたり服が傷んでしまいます。

私は透明のフタ付きプラスチックケースに収納しています。
布製のジッパー付きのケースや
ストレージボックスに収納する人も多いです。

長期間しまっておく場合は、
密封できるものならどんなものでも乾燥剤を敷いて、
防虫剤を上に乗せて収納すればオッケーです!

防虫剤は下に下に効果を発揮するので、
一番上に載せるというのがポイントです!
もう1つ、長期間収納する際には、
必ず洗濯してから収納して欲しいんですが、
その際はお風呂の残りの水は使わないでください。

残り湯に含まれているタンパク質が、
長期間おくと衣類にシミをつくってしまうんです。

まとめ

私は衣替えをするには、
かなり重い腰をあげてするんですが、
どうせやるなら未来の自分がらくになる方法で
する方がいいなって思うのです。

紹介した衣替えのコツと収納術が、
少しでもあなたの参考になれば嬉しいです。

最後に、こんなサービスを発見したのでご紹介。

イークローゼット・オリジナルというサービスで、
衣類等のクリーニング及び
6ヶ月無料保管をしてくれるというものです。
シーズンが終わった衣類をしまっておくスペースが狭い!
という方にはいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:

関連記事

暑い夏は夏野菜を入れたカレーを食べて乗り切ろう

夏といえば、夏野菜たっぷりのカレー 暑い日は不思議とカレーが恋しくなります。 トマト、ナス、ズッキーニ、ピーマンなどなど、 カラフルな夏野菜には、 ビタミンや食物繊維などの栄養がたっぷり含まれています …

睡眠不足が引き起こす悪影響について考える①

なぜ寝なければいけないのかということは まだ解明されていませんが、 寝不足が人にとってどれほど悪影響を及ぼすのかは 研究によって明らかになっているようです。   「睡眠不足はメタボの元」 その仕組みを …

味噌で夏バテ対策!味噌で期待できる健康効果について

みそに含まれる主な栄養成分 みその原料である大豆は、発酵によって大豆にはない、 または、あっても少量のアミノ酸やビタミン類が多量に生成され、 栄養価はさらに優れたものになっています。 また、大豆のたん …

蚊に刺されないための対策とは?かゆみを抑える方法について

蚊の生態 蚊は、成虫と幼虫の住む場所が、まったく異なります。 蚊の幼虫(ボウフラ)は、水の中で暮らしています。 卵から成虫に羽化するまで、水の中での生活が続きます。 その生息場所もさまざまで下水溝・雨 …

2017年の夏は過去に類のない酷暑!熱中症には厳重警戒!

5月からの暑さが一段とレベルアップ 関東から西では、5月からの暑さが一段とレベルアップ。 最高気温は35度以上と、「猛暑日」の所も。 前線北上は、つまり夏の高気圧に覆われだすということ。 そのため(特 …