季節のトピックまとめサイト

季節のトピックに関するまとめサイトです。

病気

熱中症について学んでおこう

投稿日:

熱中症の症状

熱中症は、高温多湿な環境に、
私たちの身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。
以下のような症状が出たら、熱中症にかかっている危険性があります。

めまいや顔のほてり

めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状が出たら、
熱中症のサインです。
一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあります。

筋肉痛や筋肉のけいれん

「こむら返り」と呼ばれる、
手足の筋肉がつるなどの症状が出る場合があります。
筋肉がピクピクとけいれんしたり、硬くなることもあります。

体のだるさや吐き気

体がぐったりし、力が入らない。
吐き気やおう吐、頭痛などを伴う場合もあります。

汗のかきかたがおかしい

ふいてもふいても汗がでる、
もしくはまったく汗をかいていないなど、
汗のかきかたに異常がある場合には、
熱中症にかかっている危険性があります。

体温が高い、皮ふの異常

体温が高くて皮ふを触るととても熱い、
皮ふが赤く乾いているなどの症状も熱中症のサインです。

呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

声をかけても反応しなかったり、おかしな返答をする。
または、体がガクガクとひきつけを起こしたり、
まっすぐ歩けないなどの異常があるときは、
重度の熱中症にかかっています。
すぐ医療機関を受診しましょう。

水分補給ができない

呼びかけに反応しないなど、
自分で上手に水分補給ができない場合は大変危険な状態です。
この場合は、むりやり水分を口から飲ませることはやめましょう。
すぐ医療機関を受診しましょう。
このような症状が出ないよう、
日頃から熱中症の予防・対策をおこないましょう。

スポンサーリンク

熱中症の予防・対策

いつでもどこでもだれでも
条件次第で熱中症にかかる危険性がありますが、
熱中症は正しい予防方法を知り、
普段から気をつけることで防ぐことができます。
例えば、初夏や梅雨明け・夏休み明けなど、
体が暑さに慣れていないのに気温が急上昇するときは特に危険です。
無理せず、徐々に体を慣らすようにしましょう。

シーズンを通して、
暑さに負けない体づくりを続けよう

熱中症を予防するためには、暑さに負けない体作りが大切です。
気温が上がり始める初夏から、日常的に適度な運動をおこない、
適切な食事、十分な睡眠をとるようにしましょう。

・「水分を」こまめにとろう

のどがかわいていなくても、こまめに水分をとりましょう。
スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は
水分の吸収がスムーズにでき、
汗で失われた塩分の補給にもつながります。

・「塩分を」ほどよく取ろう

過度に塩分をとる必要はありませんが、
毎日の食事を通してほどよく塩分をとりましょう。
大量の汗をかくときは、特に塩分補給をしましょう。
ただし、かかりつけ医から水分や塩分の制限をされている場合は、
よく相談の上、その指示に従いましょう。

・「睡眠環境を」快適に保とう

通気性や吸水性の良い寝具をつかったり、
エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整え、
寝ている間の熱中症を防ぐと同時に、
日々ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防しましょう。

・「丈夫な体を」つくろう

バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、
丈夫な体をつくりましょう。
体調管理をすることで、
熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。

日々の生活の中で、暑さに対する工夫をしよう

暑さは日々の生活の中の工夫や心がけで
やわらげることができます。
適度な空調で室内の温度を快適に保ったり、
衣服を工夫することで、熱中症の危険を避けやすくなります。
また、日よけをして直射日光を避けましょう。
自分のいる環境の熱中症危険度を
常に気にする習慣をつけることも重要です。

・「気温と湿度を」いつも気にしよう

いま自分のいる環境の気温や湿度をいつも気にしましょう。
屋内の場合は、日差しを遮ったり風通しを良くすることで、
気温や湿度が高くなるのを防ぎましょう。

スポンサーリンク

・「室内を」涼しくしよう

扇風機やエアコンで室温を適度に下げましょう。
過度の節電や「この程度の暑さなら大丈夫」と
ガマンしてはいけません。

・「衣服を」工夫しよう

衣服を工夫して暑さを調整しましょう。
衣服は麻や綿など通気性のよい生地を選んだり、
下着には吸水性や速乾性にすぐれた素材を選ぶとよいでしょう。

・「日ざしを」よけよう

ぼうしをかぶったり、
日傘をさすことで直射日光をよけましょう。
また、なるべく日かげを選んで歩いたり、
日かげで活動したりするようにしましょう。

・「冷却グッズを」身につけよう

冷却シートやスカーフ、
氷枕などの冷却グッズを利用しましょう。
毎日の生活で使えるものから
夏の寝苦しさをやわらげるようなものまで、
さまざまなグッズがあります。
ちなみに、首元など太い血管が
体の表面近くを通っているところを冷やすと、
効率よく体を冷やすことができます。

熱中症ひとことメモ

当日の最高気温を知るだけでなく、
その日の気温と湿度の変化を知る、
室内の気温や湿度の状況を知ることも
熱中症予防に効果があります。
「いま自分のいる環境がどのような状態なのか」
を知ることは、熱中症予防のたいせつなポイントです。
また、熱中症の発生には、体調が大きく影響します。
自分のいる環境を知ることとあわせて自分の体を知り、
体調に敏感になりましょう。

特に注意が必要なシーンや場所で、
暑さから身を守るアクションを

炎天下でのスポーツや、
空調設備の整っていない環境での作業時などでは、
熱中症の危険からしっかりと身を守る
アクションをとることが必要です。
適度な水分と塩分の補給をおこない、
こまめに休憩をとるようにしましょう。

・「飲み物を」持ち歩こう

出かけるときは水筒などでいつも飲み物を持ち歩き、
気づいたときにすぐ水分補給できるようにしましょう。

・「休憩を」こまめにとろう

暑さや日差しにさらされる環境で活動をするときなどは、
こまめな休憩をとり、無理をしないようにしましょう。

・「熱中症指数を」気にしよう

携帯型熱中症計やテレビ、
Webなどで公開されている熱中症指数で、
熱中症の危険度を気にしましょう。

応急処置のポイント

もし熱中症かな?と思うようなサインがあったときは、
すぐに応急処置を行い、
病院などの医療機関へ連れていきましょう。

涼しい場所へ移動しましょう

まずはクーラーが効いた室内や車内に移動しましょう。
屋外で、近くにそのような場所がない場合には、
風通りのよい日かげに移動し安静にしましょう。

衣服を脱がし、体を冷やして体温を下げましょう

衣服をゆるめて、体の熱を放出しましょう。
氷枕や保冷剤で両側の首筋やわき、
足の付け根などを冷やします。
皮ふに水をかけて、
うちわや扇子などであおぐことでも体を冷やすことができます。
うちわなどがない場合はタオルや厚紙などであおいで、
風を起こしましょう。

塩分や水分を補給しましょう

できれば水分と塩分を同時に補給できる、
スポーツドリンクなどを飲ませましょう。
おう吐の症状が出ていたり意識がない場合は、
誤って水分が気道に入る危険性があるので、
むりやり水分を飲ませることはやめましょう。

まとめ

救急車を待っているあいだにも、
現場で応急処置をすることで症状の悪化を防ぐことができます。
熱中症は命に関わる危険な症状です。
甘く判断してはいけません。

もし熱中症かなと思ったときは
すぐに医療機関へ相談、または救急車を呼びましょう
涼しい場所へ移動しましょう
衣服を脱がし、体を冷やして体温を下げましょう
塩分や水分を補給しましょう
(おう吐の症状が出ていたり意識がない場合は、
むりやり水分を飲ませることはやめましょう)

こんな人は特に注意!

子ども
高齢者
屋外で働く人
キッチンで火を使う人
スポーツをする人

スポンサーリンク

-病気
-

執筆者:

関連記事

統合失調症とはどんな病気なのか?

統合失調症とは? 統合失調症は、幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患です。 それに伴って、人々と交流しながら 家庭や社会で生活を営む機能が障害を受け(生活の障害)、 「感覚・思考・行動が病気のために …

頭痛、めまい、耳鳴り、…「メニエール病」とは?

メニエール病とは メニエール病の特徴として、 内耳からくる回転性のめまいや吐き気が起こります。 これが発作として繰り返す病気なのです。 直接の原因は、内耳が内リンパ水腫を起こし、 内圧があがるからです …

プール熱の症状とは?潜伏期間や他の感染症との違いについて解説

プール熱の症状は、いつもの風邪や溶連菌など 他の感染症とどう違うのか? 夏風邪の一種と甘く見てはいけません。 プール熱の症状は赤ちゃんにとってはかなり辛いもの。 プール熱の症状の出かたには順番や潜伏期 …

認知症は回復できる?認知症の意外な治療法とは?

「みんなの家庭の医学」からの事例 日本全国で、予備軍を含め800万人以上いるとされる認知症患者。 現在根本的に完治させる治療法はなく、 発症すると進行を遅らせることしかできない。 番組では、一度は「要 …

梅雨に頭痛がひどくなる理由

シトシトと静かに降る梅雨の雨とは裏腹に、 頭がガンガンと響いて痛む。 この時期は、頭が痛くなりやすいのだ。 国内の4人に1人は「頭痛持ち」といわれ、 日頃から頭痛に悩まされていると、 「低気圧が近づく …