季節のトピックまとめサイト

季節のトピックに関するまとめサイトです。

雑学

五月晴れとは?本当の意味を考えよう。

投稿日:2017年4月16日 更新日:

5月の天気の良いある日

「あぁ今日は気持ちの良い五月晴れだなー!」
って言ったことはありませんか?

実は、厳密にいうとこの使い方は間違っているのです!

五月晴れって5月のよく晴れた日って
思ってる方も多いようですが実は違います!!

ここでは、日本人として知らないと恥をかく
「五月晴れ」の本当の意味や使い方、
また同義語などをお教えします。

「五月晴れ」の本当の意味

「五月晴れ」というと、その文字通り「5月の晴れた空」
という意味だと思っている方が多いかと思います。

しかし、実は五月(さつき)は旧暦・陰暦の呼称で、
現在の6月のことを指しています。

その月はちょうど梅雨の時期にあたることから、
「五月晴れ」とは
「梅雨の合間の晴れ」のことを意味しているのです。

広辞苑を引いてみても
「さみだれの晴れ間。梅雨の晴れ間。」(広辞苑 第六版)
と書いてあります。

しかしながら、この「五月晴れ」を「5月の晴れた空」という意味で
間違って使われることが多くなり、
今ではその使い方も定着してしまったようです。

広辞苑にも、二番目の意味として
「5月の空の晴れわたること。
また、その晴れわたった空。」(広辞苑 第六版)
と記載してあります。

したがって、「五月晴れ」のこのような使われ方も、
厳密には正しくはないものの、
世間一般には受け入れられているようです。

スポンサーリンク
 

「五月晴れ」の同義語って何?

五月晴れの本来の「梅雨の晴れ間」という
意味の同義語として「梅雨晴れ」があります。

「梅雨晴れ」はその言葉の通り

「梅雨が明けて晴れること。
また、梅雨の期間中の一時的な晴れ間。」(広辞苑 第六版)

という意味です。
分かりやすいですね。
これなら誤用することもなさそうです。

また、「5月の空の晴れわたること」という意味で使う
「五月晴れ」の別な言い方としては、

快晴、晴天、気持ちの良い・心地の良い天気、
すがすがしい天気、うららかな天気、のどかな天気

スポンサーリンク

など様々なものがあります。

「五月晴れ」の誤用をあくまで避けたい方は、
このような多様な表現で
5月の晴れたお天気を表現できたらいいですね。

間違った使われ方が定着した他の表現

「五月晴れ」のように、誤用が多くなされて
定着してしまったものに「小春日和」があります。

「小春日和」といえば春の和やかな天気のことだと
誤解されがちなのですが、
実は晩秋から初冬にかけた時期の
暖かい日のことを指しているのです。

「小春」は陰暦の10月のことで、新暦の11月に当たります。
したがって、春にこの言葉を使うのは誤りなのです。

五月晴れを季語にした俳句は?

五月晴れを季語としてつかった俳句として有名なものは、
「木のまたに朝日出でけり五月晴」です。
正岡子規の作品なので知っている人も多いかもしれませんね。

新暦五月の晴れの日にも使えるように定着した五月晴れですが、
俳句の季語としては初夏の季語です。

俳句の季語としては、
もとの意味で使われているということですね。
わざわざ「陽暦五月の快晴を五月晴と言うのは、誤用」
と明記してある歳時記もあるほどです。

因みに、同じ「五月」のつくことばには、
「梅雨」を指す「五月雨(さみだれ)」と、
「梅雨のころの夜の暗さ」などを表す「五月闇(さつきやみ)」
があります。

この言葉は、今でも旧暦の5月(新暦6月)
の頃の言葉として使われています。

よくつかわれる新暦5月の季語としては
「風薫る」「薫風」など初夏の気持ちのいい風を表したものや、
「新緑」「若葉」などの桜が終わって
木々の葉が瑞々しい様子を表したものがよくつかわれます。

まとめ

どうでしょう、今まで「五月晴れ」や「小春日和」を
間違った使われ方をしていませんでしたか?

他にもまだまだ意味を取り違えていた言葉が
身の回りにはたくさんあるかもしれません。
社会の中で恥をかかないようよく勉強しましょう!

スポンサーリンク

-雑学
-

執筆者:

関連記事

七夕の生まれ、意味を知ろう!

七夕の日 七夕は、7月7日に行なう星祭りです。 七夕の日は、一年に一度だけ 「おりひめ(織女 )」と「ひこぼし(牽牛)」が 天の川の上でデートをする日といわれ、 この日にちなんで、願い事を書いた短冊を …

ドラマなどで見られる「魔性の女」の特徴とは?

魔性は天然ー小悪魔とは根本的に違う 実は魔性の女は計算していない、 というよりも計算できない人が多いのです。 周りにいつも天然ボケといわれる人が多いかもしれません。 お金が大好きで、すべて計算づくの女 …

梅雨(つゆ)と梅の関係、その語源と由来について

梅雨の雨は、梅にとって恵みの雨。 この季節に雨が降ることで、梅の実は大きく膨らんでいく。 ところで、「梅雨」はなぜ「梅の雨」と書くのだろう? 梅の開花前線 梅は百花に先駆けて咲き、桜などに比べ休眠が浅 …

海水浴はいつから始まった?海水浴の歴史について

夏のレジャーと言えば海水浴。 泳ぐことだけに限らず、砂遊びや磯釣り、サーフィンやボディボード、 最近ではフライボードなど、楽しみ方もいろいろあります。 そんな海水浴ですが、最初は何と医療行為のひとつだ …

大相撲のチケットの安くて取りやすい方法は?

最近の大相撲ブームで、 テレビで大相撲中継を楽しむようになった方も 増えてきたのではないでしょうか。 中継の取り組みと取り組みの間に、 よく観覧席で相撲観戦を楽しんでいるお客様のアップや、 美味しそう …