季節のトピックまとめサイト

季節のトピックに関するまとめサイトです。

イベント

つちのこフェスタが大人気

投稿日:2017年5月14日 更新日:

イベントに村人口を上回る2700人

岐阜県加茂郡東白川村で大型連休中の3日、
ヘビに似ているとされる未確認生物・つちのこを探すイベント
「つちのこフェスタ2016」があった。
同村の全人口2406人(2016年4月末現在)に対し、
イベント全体の参加者は同村人口を上回る2700人。
うち900人が村内の林や茶畑などでつちのこを探し回った。
目撃談のみで捕獲されず、
実在するのかよくわからないつちのこが、
そこまで人気を集めるのはなぜか。
その正体や背景に迫った。

スポンサーリンク

東白川村は有数の目撃多発地帯とされている

同村関係者や村に残る目撃談をまとめると、
つちのこは、体長30~80センチくらいで、
色は黒褐色や焦げ茶色。
ビール瓶くらいの胴から三角形の頭が出ているような体形で、
転がったり、ジャンプしたりするという。

生息地は、北は秋田や岩手、
南は九州や鹿児島まで全国各地で目撃されており、
特に東白川村は、有数の目撃多発地帯とされている。

理由は、茶の産地で茶畑が広がっており、
村の総面積のうち9割は山林という広大な自然環境が、
つちのこの生育に適していると考えられている。

2016年の生け捕り賞金は127万円に

同村には戦前からの目撃談があり、
直近では1987年あたりに「黒っぽいビール瓶のよう」
「網模様が光った」などの目撃証言が残る。
もともと「つちのこを見たと他人に話すと災いが起こる」
と言い伝えられており、
目撃談が広まることはなかった。
しかし、同年あたりから日本各地でつちのこブームが起きると、
村民から新旧の目撃談が出始めた。
それをきっかけに89年から、
年1回のつちのこ捜索イベントが始まった。

スポンサーリンク

イベントの特徴は、
つちのこを見つけた人に賞金が用意されていること。
初回当時は生け捕りしたら100万円と設定。
しかし、毎年1回開催しても捕獲されない。
賞金も開催ごとに1万円ずつ加算されており、
2016年の生け捕り賞金は127万円になった。
生け捕り以外にも、死んだ状態なら50万円、
写真撮影に成功したら10万円、
脱皮後の皮を見つけたら5万円と、
それぞれ賞金が決まっている。
さらに、つちのこの形をした金色の板を見つけたら現金1万2700円、
銀の板なら現金1万円など、現実的な魅力もある。

同村にはつちのこに関する資料や、
目撃証言を元に作った動くつちのこ模型を展示する
資料館・つちのこ館(やかた)もあり、
1日平均10人、年間約5000人がつちのこの知識を深めにやってくる。
 
捕獲されない状況について、
フェスタ運営組織の1つ、
ふるさと企画の安江豊司さんは「自然環境の変化」と指摘する。

行政と民間が一体となったつちのこでの村おこし

村内の森はかつて、
ブナやナラなどの広葉樹が育つ自然豊かな環境だった。
しかし、戦後は産業に生かせる
ヒノキやスギが植えられるようになった。

段々の田畑も工事により平らに整備されるなど、
昔からあった自然が減ったことが、
つちのこにとって生きづらくなったと考えられている。
安江さんは「つちのこはどこかに潜んでいる」と期待を込め
「村外から人を呼び込むイベントはつちのこフェスタだけ。
たとえ捕獲されたとしても、ずっと続けていきたい」と意気込んだ。

東京から駆けつけた会社員男性(35)は
「つちのこは、いるのかいないのか分からないけど、
ロマンを感じるので初めて来た。来年も探しに来たい」
と意欲を示した。

結局今年も捕獲されず、
存在自体に肯定も否定もできないつちのこだが、
姿を表さないことが、
村民やUMA(=未確認生物)ファンに夢や探求心などを抱かせて、
観光事業として実績を上げているのは確か。
つちのこをモチーフにしたご当地キャラクター
「つっちー」と「のこりん」も村を盛り上げる。

行政と民間が一体となったつちのこでの村おこしは今後も続き、
まだ見ぬつちのこを求めて、今日も東白川村に観光客が訪れる。

スポンサーリンク

-イベント
-

執筆者:

関連記事

子供に人気の定番おかず(4)

さけフレークと昆布のおにぎり 材料(2人分) ご飯 240g さけフレーク・小さじ2 10g 昆布の佃煮・小さじ2 10g 塩 適量 焼きのり 適量 いり黒ごま 少々 さけフレークと昆布のおにぎりの作 …

就活に有利?インターンの種類など

インターンとアルバイトの違い 企業によって多少異なりますが、 長期インターンに参加する学生を優秀だと考えている企業は多く、 アルバイトに任せる業務より 責任のある面白い仕事を任せてくれるケースが多いで …

尾張津島天王祭2017の見どころとは?川祭りと花火の穴場情報など

尾張津島天王祭(おわりつしまてんのうまつり)は 600年あまりの歴史を誇り室末時代から続く、 国の重要無形民族文化財にも指定された疫病・ 厄難除けを祈願する川祭りです。 大阪「天満天神祭」と広島「厳島 …

東海市大田町で開かれる無音盆踊りが話題

愛知県東海市大田町住民らで行われている盆踊りです。 東海市青少年センター駐車場で 2009年8月1~2日にあった地元の夏祭り、 民踊団体などの50人がイヤホンを着けて実際に 「炭坑節」など4曲を踊りま …

国民の祝日「海の日」の由来とは?海の日のイベントなど

海の日とは?その由来と意味 海の日の由来 海の日とは、元々「海の記念日」という民間での記念日でした。 この海の記念日というのは、明治天皇が明治9年に東北地方を 御巡幸(天皇が各地を回られること)された …