季節のトピックまとめサイト

季節のトピックに関するまとめサイトです。

PC

Windows 10で困ったらカスタマイズで解決!

投稿日:2017年5月16日 更新日:

Windows 10はWindows 7の機能を復活させており、
OSを乗り換えた後の違和感は
Windows 7から8に移行したときよりもむしろ小さくなっているはずだ。
とはいえ、「画面が変わって、どこにどの機能があるか分からない」
「従来の操作と違う」と不便に感じる人はいるだろう。

そこで、今回は、Windows 10を使いやすくする方法を紹介しよう。
カスタマイズのターゲットは、
復活したスタートメニューとデスクトップ画面。
そして、新しいブラウザー「エッジ」の使い方を押さえることだ。

スポンサーリンク
  

スタートメニューに好きなアプリを登録

復活したスタートメニューを開くと、
Windows 7のように縦に並ぶメニューと、
Windows 8から導入されたタイル型のアプリ一覧が表示される。
メニューにはよく使うアプリとおすすめのアプリ、
「エクスプローラー」「設定」などの項目しか表示されないので、
それ以外のアプリでスタートメニューから
即座にアクセスしたいものがあるときは、
タイル型のアプリ一覧に登録しておくといい。

・アプリをスタートメニューに登録するには、
 アイコンを右クリックして「タスクバーにピン留めする」や
 「スタート画面にピン留めする」を選ぶ

・「ニュース」「天気」「メール」など、
 定期的に最新情報を取得したい情報は、
 「ライブタイル」機能をオンにすることで、
 スタートメニューを開いただけで最新情報が分かるようになる。
 タイルの大きさは4段階で変更もできる

・なくなったかに見える「IE」や「ペイント」も
 「すべてのアプリ」からタイルに登録できる

・Windows 7までは「コントロールパネル」に集約されていた機能は
 「コントロールパネル」と「設定」に分かれた。
 設定の呼び出し方も覚えておこう

Windows 10では、スタートメニューやアプリのサイズを変更できる。
アプリの並び順などもドラッグで移動できるので、
カスタマイズ性はより高まっているといえる。

デスクトップは設定方法を覚えよう

Windows 10のデスクトップは一見するとWindows 7や8.1に近いが、
設定方法はずいぶん変わった。
デスクトップのカスタマイズは、「設定」で行おう。

・スタートメニューを開き、「設定」をクリックすると、設定画面が開く

スポンサーリンク

従来のOSに慣れた人は、パソコンによってWindows 7の
「コンピューター」にあたる「PC」のアイコンが
表示されていないことがあるので戸惑うかもしれない。
「設定」の「パーソナル設定」を変えると表示できる。
「PC」だけでなく、「ライブラリ」や
「コントロールパネル」のアイコンも表示可能だ。

一方で、Windows 10でより使いやすくなった設定項目もある。
その一つが、アイコンや文字のサイズ。
ディスプレイの解像度が高く、
標準の設定ではアイコンや文字が小さすぎて見づらい場合、
Windows 10ではアイコンや文字のサイズを簡単に調整できる。

また、新機能の「仮想デスクトップ」も使いこなせると便利。
仮想的に複数のデスクトップを開いておき、
一つは仕事用のアプリやWebブラウザー、一つは音楽アプリ、
一つはゲームというように使い分けられる。
ディスプレイが小さいパソコンなどでは、
1画面に複数のアプリを開くよりも切り替えが簡単だ。

・「デスクトップアイコンの設定」から
 「PC」や「ライブラリ」「コントロールパネル」の
 アイコンを表示できる

・Windows 10では、仮想デスクトップ機能が加わった。
 仮想的に複数のデスクトップを作成すると、
 タスクビューボタンをクリックして移動できる

「IE」と別物のブラウザー「エッジ」

エッジはWindows 10から導入された新しいブラウザー。
見た目は「IE」と似ているが、
機能や操作方法は大きく異なるので、戸惑う人も多いだろう。

使いこなすには、まずは「お気に入り」を
インポートしておくこと。
さらに、新しいタブを開いたときに、
表示されるページなども変更しておくといい。
エッジの初期設定では、
新しいタブを開いたときによくアクセスするページと
おすすめのコンテンツが表示されるが、
これを煩わしいと思う人は空白のページに変更できる。

・新しいタブを開いたときに空白のページを表示できる

・初期設定でアドレスバーにキーワードを入力すると、
 マイクロソフトの検索サイト「Bing」で検索される。
 Googleなどに変更もできる

Windows 10ではエッジが標準ブラウザーに設定されているので、
メールの文中のURLやアプリの画面にあるリンクをクリックすると、
エッジが起動してそのWebページが表示される。
これを使いにくいと感じる人もいるだろう。
その場合は、標準のブラウザーをIEやChromeに変更できる。
「規定のアプリ」で「Webブラウザー」をIEや「Chrome」にしよう。

・標準のWebブラウザーをIEやChromeに変更できる

スポンサーリンク

-PC
-,

執筆者:

関連記事

PCがウイルスに感染しました!?

突然、Webサイトの閲覧中に 「警告 あなたのコンピュータでウイルスが検出されました」 という音声が流れ出したら、 冷静でいられるユーザーは多くないだろう。 その警告は、 「提供された電話番号に連絡し …