季節のトピックまとめサイト

季節のトピックに関するまとめサイトです。

雑学

花火を夏にする理由とは?花火の由来・歴史について

投稿日:2017年6月1日 更新日:

夏の風物詩といえば
スイカ、かき氷等色々ありますが
中でも花火はベスト3に入るくらい
外せないものですよね。

でも、考えたことありますか?

なぜ花火を夏にやるようになったのか?

そういえば、冬に花火をやるのって
あまり見かけませんよね。

まあ、冬の屋外でじっとしているのは
寒いからというのがあるかもしれませんが。

ここでは、なぜ花火を夏にやるのが
一般的なのかその由来や、花火の歴史
などを述べていきたいと思います。
 

花火を夏にする理由

花火大会などは大体、7月~8月くらいに
開催するところが多いですよね。

8月中旬はお盆ですが、実は花火は
このお盆と密接な関係があります。

お盆は15日が中心で一般には13日から
16日の4日間です。

お盆は、年に一度祖先の霊が
帰ってくる期間とされています。

13日は祖先の霊が迷わず
家に帰ってこられるように
目印として迎え火を焚く迎え盆、
16日には先祖の霊を送り出す
ための送り火を焚く送り盆
をそれぞれ行います。

お盆と火というのは密接な関係があり
京都の大文字や灯籠流しなどは
送り盆の1つですね。

では花火は迎え盆と送り盆のどっち
なのかというと、明確には定まって
おらず、それぞれの歴史や起源に
よるところがあります。

例えば隅田川花火大会といえば日本で
最も有名な花火大会ですが、
これは元々、江戸時代に病気や飢饉など
で多数の死者が出ていた時、当時の将軍
の徳川吉宗が隅田川の水神祭で花火を
披露し、死者の御霊を慰め悪疫退散を
祈ったのが始まりと言われています。

つまり、送り盆に近いですね。

スポンサーリンク
 

日本での花火の歴史

日本の花火は世界一と言われています。

この理由は後述しますが、だからと言って
花火の起源が日本であるということでは
ありません。

花火の最も古い起源は5世紀の中国で
硝石と硫黄と炭を交ぜて燃やすと
爆発が起こりやすいことが発見され
火薬の発明になったことから始まります。

ただこの時点では戦の「のろし」として
使われており、現在のような鑑賞を楽しむ
ものとは少し違います。

日本の花火は、1543年に種子島に鉄砲と
火薬が伝来したことから始まりました。

スポンサーリンク

1585年(天正13)の皆川山城守と佐竹衆の
対陣に花火の記述がありますが、この時は
まだ当初は軍需用(鉄砲・大砲・狼煙用)
としての使用でした。

鑑賞・娯楽用の花火はそれより少し後の
1613年、イギリス人が徳川家康のためにか
披露したことから始まります。

これを徳川家康が見て、三河の鉄砲隊に
花火作りを命じて娯楽用の花火(三河花火)が
誕生しました。

江戸時代になると花火師や花火売りなどが
登場し、どんどんと改良されていきます。

前述の隅田川花火大会の起源となった
行事が1733年に行われたのですが
この時に花火師を務めたのが
「玉屋」と「鍵屋」でした。

この2大花火師が技を競うようにして
花火を披露し、それを見た民衆が

「たまや~!」「かぎや~!」

という掛け声をし、それが現在にも
引き継がれています。

そしてその後、改良を重ねて様々な色が
演出できる現在のような花火となり
日本の花火は世界一と言われるまでに
なったのです。

日本の花火が世界一と言われる理由

世界一というのは主に技術面でのことですが
それだけ日本の花火というのは技術的に
優れています。

日本の花火は作りがとても精巧で
色を変え、形を変えながら四方八方に
飛散する花火というのは世界でも例が
ありません。

外国の花火は色の変化もなく立体感に
乏しい物がほとんどなのです。

ここまで日本の花火が進歩できたのは
「花火主体」のイベントが出来上がっていった
ことによります。

というのも、日本以外の国では花火を挙げる日
というのは独立記念日だったり新年の年明け
だったりと、まずメインのイベントがあり
花火はついでに挙げられるのです。

一方で日本の場合は「花火大会」という言葉
からもわかるように、花火が主役の行事
がいくつもあり、これは日本独自のものです。

そのため、より良い花火を作ろうと
玉屋と鍵屋が競い合ったりするように
切磋琢磨する環境ができあがって
いったのです。

諸外国から取り入れた文化を変化させて
独自のものに作り上げるというのは
カレーやラーメンなどでもわかるように
日本の得意とするところですよね。

こういうものは同じ日本人として
誇らしく思います。

スポンサーリンク

-雑学
-

執筆者:

関連記事

北海道南西沖地震(1993)とは?津波の被害について

北海道南西沖地震とは 北海道南西沖地震とは、 1993(平成5)年7月12日午後10時17分ごろ、 北海道奥尻郡奥尻町北方沖の日本海海底で発生した マグニチュード(M)7.8の地震である。 日本海側で …

日航機墜落事故の真相とは?様々な謎について

1985年8月12日、日本航空123便が群馬県上野村の御巣鷹山に墜落し、 520名の犠牲者を出した「日航ジャンボ機墜落事故」から30年がたつ。 お盆時期の夕方だったためジャンボは満員で、 単独の航空機 …

魔女の宅急便のその後のストーリーとは?

ジブリ映画の中でも特に人気が高い「魔女の宅急便」。 この映画、実は原作があり、 その後の壮大なストーリーがあることを知っていましたか? 原作は6巻まで続き、主人公のキキは35歳まで成長。 そんな映画「 …

血液型と性格には関係があった?その医学的根拠について

血液型による性格診断は日本人が大好きな話題のひとつといえます。 飲み会などで、「血液型は何型?」などと質問するのも定番の会話です。 朝の情報番組では血液型占いが人気を集め、 雑誌やウェブサイトなどでも …

夕立とゲリラ豪雨の違いとは?発生要因について

近年、ゲリラ豪雨が発生し、 大きな被害があったなどのニュースをよく耳にします。 ゲリラ豪雨とは何なのか? その発生要因は何なのか? ここでは、ゲリラ豪雨について述べていこうと思います。 ゲリラ豪雨とは …