季節のトピックまとめサイト

季節のトピックに関するまとめサイトです。

雑学

読書感想文の上手な書き方は?高評価のコツについて

投稿日:2017年6月18日 更新日:

なかなか書けない読書感想文。
その読書感想文の書き方をまとめてみました。
夏休みの宿題だけでなく、
本を読んだ感想をブログに乗せる際にもきっと役立つはずです。

読書感動文でよくあること

感想を文章にしたけれど、2、3行で終わった。
ほとんど本のあらすじだけになってしまった。
本を売るための宣伝文句みたいになってしまった。
読書感想文が本を読んでいるときのドキドキや
ほっとした自分の実況ライブになってしまう。
読んでいる真っ最中の気持ちの感情を書いていってしまう。
『主人公がかわいそうだと思った。』
『敵がやったことはひどいことだと思った』
など、自分の感情をライブ実況してしまう。

スポンサーリンク
  

読書感想文を書くコツ

①あらすじをダラダラ書かない。

読書感想文は「感想文」なのであって、
「あらすじ紹介」ではありません。

②自分の”いま”と比べてみる。ポイントは衣食住。

難しく考えずに、シンプルに考えてみましょう。
寒いときコートやダウンがある”いま”と本の主人公の違い

食べたいものが、冷凍食品や、ファーストフード、
ファミレスやスーパーで買える”いま”と本の主人公の違いなど。

読書感想文は、本の内容を読み手に説明するものではありません。

本ではなく、あなた自身を語る文章が必要。
自分なら、どうかな?自分なら、できるかな?
自分なら・・・どうだろう?

主人公や、登場人物が、「もしも自分だったら」どうしたかな?
いまの自分と何が違うかな?
逆に、いまの自分と同じところは? このあたりがポイントなのです。
読書感想文に、本の説明は不要なのです。

③どこに感心したか?どこがすごい!と思えたか

自分なら同じことができただろうか?

自分なら逃げ出したのではないか?
自分なら耐えられただろうか?
自分なら・・・
主人公にはあるけど、いまの自分には欠けているものは何だろうか?

④今後の抱負を結びで述べる

「本読みました~」というだけではなく、
最後に、この本を読んで感じたことを今後の生活にどう生かすか?
というあなたなりの意見が欲しいところです。
主人公の行動がすばらしいなら、
自分ももっと勇気を出していろんなことにチャレンジしたい、など。

⑤段落がえは、接続詞をうまく使う

『しかし』

『だが』

『ところで』

『そして』

『さらに』

など、

このような言葉を段落の切り替えに使うと書きやすくなります。

段落の書き出しは、接続詞で始めていくと文章にメリハリがでますし、
読み手にとってもわかりやすい文章となります。

書き出しのコツ

書き出しは読み手の心に響くだけに、
できるだけインパクトがほしいところです。

○○という本を読みましたと、書き出しで書く必要はありません。

良い書き出しの例

私は驚いた。
私はアンネと年が一つしかかわらない。
なのに、この環境の違いは、なんだろう?
私だったらどうしただろうか。
いろいろなことが頭を駆けめぐった。

スポンサーリンク

悪い書き出しの例

私はアンネの日記という本を読みました。
アンネの日記は、
ユダヤ人で迫害されたアンネという少女が~
(ダラダラあらすじ)
~の日記です。

まず書き出しで、最初にバン!と自分の感じたこと
(感想文のテーマにつなげやすい感情表現)を書いてしまうと後が楽。

「私はびっくりした」「私は驚きと言うより衝撃を感じた」
と書き出しでスタートしてますから、
なんでびっくりしたのか?なんで驚いたのか?の、
説明を書き出しのあと続けて書きやすいのです。

ほかに文頭にいきなり会話を持ってくるのもよいでしょう。
読書感想文に躍動感が生まれます。
コンクール入選作にはこのパターンが多いです。

作文の構成

1.この本との出会いを簡単に語る
     ↓
2.本の内容を簡単に紹介
     ↓
3.印象に残った場面・部分の紹介
     ↓
4.そこから連想した自分の体験を紹介
  自分自身のことを紹介
     ↓
5.さらに考えてみたこと
     ↓
6.~~~だから、この本を読んで良かった。

読書感想文は評論家が書く書評ではありません。
感想文なのです。
「自分の体験を思い出した」「この夏、こんな体験をした」、
そして「主人公の○○と同じ思いを共有した」
と具体的に書けばよいのです。
読書感想文とは考えないで、
本のテーマに関連した自分の体験を作文として書いてみましょう。

読書感想文の書きやすい本とは

読書感想文にも書きやすい本と書きづらい本があります。
書きやすいのは自分の子どもと主人公がリンクするものです。
書きづらいものは、主人公とリンクしないものです。

ジャンル的に書きづらいのは「冒険もの」や「不幸もの」です。

「冒険もの」は読むのはおもしろいですが、
感想文を書くとなると、自分とリンクをさせづらいのです。
「すごかった」「かっこよかった」と、
あらすじをなぞるだけのもので終わってしまいます。
「冒険もの」を読んだときの
ハラハラ感やドキドキ感をうまく表現するのは難しいのです。

また、「名作」も避けたほうが無難かもしれません。

大作家の名作”はむしろ避けるべきです。
なぜなら多くの名作と呼ばれる作品の場合、
主人公の複雑な心象風景が、
高度な文章表現で書き込まれていることも多いため、
簡単に「もし、自分が主人公なら」と、
置き換えて考えることができにくいからです。

推理小説は読むぶんにはムチャクチャ面白いですが、
非常に感想文が書きづらいです。
恋愛小説は教師のウケが悪いです。

主人公が身近に感じられる本が書きやすい本です。
この主人公と自分を対比させると、
おもしろい読書感想文が書けるでしょう。

まとめ

原稿用紙3~5枚の分量で全体の感想なんて書けるはずがありません。
一番感動したところや、
自分の体験と関連する個所に的を絞り、
読書感想文を書くようにしましょう。
そうすることによって、インパクトのある読書感想文になります。

スポンサーリンク

-雑学
-,

執筆者:

関連記事

日航機墜落事故の真相とは?様々な謎について

1985年8月12日、日本航空123便が群馬県上野村の御巣鷹山に墜落し、 520名の犠牲者を出した「日航ジャンボ機墜落事故」から30年がたつ。 お盆時期の夕方だったためジャンボは満員で、 単独の航空機 …

土用の丑の日、ウナギ離れが進んでいる

土用の丑の日 土用の丑の日(どようのうしのひ)は、 土用の間のうち十二支が丑の日である。 一般的には立秋前の18日間の夏土用をさします。 この期間を暑中と呼び、 暑中見舞いを出す時期でもあります。 土 …

土用波とは?2017年の時期とメカニズムについて

海水浴シーズンにはテレビのニュースで 「土用波にご注意下さい!」と聞いたりするけれど、 それがどういう風に危険なのか分かっていない人が多いはずです。 土曜日にやってくる波と勘違いしてる人もいたり。 土 …

女子高生が発案した痴漢抑止バッジとは?

「痴漢抑止バッジ」が普及し始めている 痴漢の被害に悩んでいた都内在住の女子高生が 「痴漢抑止バッジ」を発案。 「被害に遭う前に痴漢を防ぎたい!」 という切実な思いから『痴漢抑止バッジ』が誕生し、 普及 …

卵から殺虫剤成分「フィプロニル」検出

殺虫剤に汚染された卵 EU域内外17の国と地域に オランダやベルギーなどの養鶏場から 欧州を中心に出荷された卵から 殺虫剤フィプロニルが検出され、 消費者の間で不安が強まっている。 欧州連合(EU)欧 …