季節のトピックまとめサイト

季節のトピックに関するまとめサイトです。

イベント

東海市大田町で開かれる無音盆踊りが話題

投稿日:2017年6月20日 更新日:

愛知県東海市大田町住民らで行われている盆踊りです。

東海市青少年センター駐車場で
2009年8月1~2日にあった地元の夏祭り、
民踊団体などの50人がイヤホンを着けて実際に
「炭坑節」など4曲を踊りました。
  
東海市大田町で開催される「ザ・おおた・ジャンプフェスティバル」で
2009年から実施されています。

盆踊りの参加者(踊り手)は、
イヤホンの付いた携帯ラジオを持参します。
主催者は踊りに必要な楽曲をFM電波で発信し、
参加者はその電波にラジオの周波数を合わせ、
イヤホンで聴きながら踊ります。
このため、外部には踊りの楽曲は聞こえず、
踊っている人の姿だけが見えることになります。

無音盆踊りが生まれたきっかけ

市民の一番の楽しみは、花火大会です。
そこで、その日に駅前で盆踊りを披露しようということになりました。
しかし、花火を見て帰ってきて、片付けをしていたら失礼です。
病院にも近い駅前で、
深夜11時や12時でも披露できるようにと考えたのが、
無音の盆踊りということです。

スポンサーリンク

基本的には騒音対策

騒音対策もあるが、地域振興を主眼に考えたというわけです。
地元は、住宅密集地ではないので盆踊りの苦情はほとんどなく、
病院からも騒音対策の要望は来ていないということです。

祭りの大会長の森岡厚さん(51)にこうした意見をぶつけてみると、
「騒音問題ではなく、集客問題が一番の理由なんです」
と意外な答えが返ってきました。

夕方から日暮れにかけては、
普通に太鼓や笛を鳴らして盆踊りをしています。
森岡さんは「その時間帯なら本当にどこにでもある普通の夏祭りです。
無音盆踊りへの批判は承知の上ですが、
話題になるだけでもうれしい」と話しています。

賛否の声

近隣住民への配慮:
行われる時間帯が夜遅くということなので、
近隣住民に対する配慮は素晴らしいですね。

でもやっぱり賑わいが欲しいとの声も:
夜遅いといっても夏祭りの賑わいを
騒音とみなされるのは少し寂しいですね。
酔っ払いが公園で騒いでいるのとは訳が違います。
1~2日だったらいいんじゃないかという気もしますがね。

盆踊りには娯楽的な要素もある。
地域の結びつきを深め、帰省した人々の再会の場や、
男女の出会いの場でもある。
それは盆踊りの歌詞に色恋ものやきわどい内容が多いのはそのためで、
人々は年に一度の盆踊りに様々な思いを託し、
コミュニケーションを取るものながら、
耳にイヤホンを入れたまま、
下界の音をシャッターアウトしながらただ踊る、
それも観る側に音や歌詞を聴かせずにいるのはあり得ない行為です。

スポンサーリンク

阿波踊りもうるさい

盆踊りの歴史は古く、
鎌倉時代の僧侶、一遍上人の踊り念仏が起源とされ、
室町時代には歌や音楽、踊りといった
芸能と結びつき現在の形になったとされます。
お盆に迎えた精霊を満月の旧暦8月15日に送り出し、
地域の交流や男女の出会いの場として
各地域で受け継がれたとの説があります。

円舞式と行列式の2種があるが、
無音盆踊りが生まれた背景には、
盆踊りが「騒音」扱いされ、
苦情を言う住民も増えている事情があります。

日本三大盆踊りの一つ、阿波踊りで知られる徳島県でも、
河川敷や公園で行われる練習の音に対し、
3、4年前から「音がうるさい」「なんとかしてくれ」
との苦情が県庁などに寄せられるようになりました。

県の担当者は「阿波踊りの『鳴り物』(音楽)は、
大太鼓に締太鼓、鐘、笛と三味線。音の感じ方は、
人さまざまで、せわしない音と感じる人もいるだろうが、
数年前まではあまり苦情が寄せられることはありませんでした。
住民の意識が変わったのかもしれません」と首をかしげる。

「蒸し風呂」の中で練習

都心での阿波踊りは、
河川敷や公園での練習が可能な徳島県と比べてさらに過酷。
東の阿波踊りの代表格、
東京都杉並区の「東京高円寺阿波おどり」の関係者によると、
練習場所は地下2階の倉庫や、ライブハウス。
小学校や中学校の体育館を借りて行う練習では、
かけ声や足音が漏れるのを防ぐため窓を閉め切り、蒸し風呂状態だ。

参加連の一つ、「ひょっとこ連」の副連長、坂牧史子さん(36)は
「一度でも苦情が入ると体育館が借りられなくなる。
杉並区の住民は、入れ替わりが激しく新住民の多くは、
阿波踊りが本番だけでなく、日頃から練習が必要ということを知らない。
自分たちと関係ない音だと思うと『騒音』に感じるのかも」
と表情を曇らせる。

和文化研究家で総合情報サイト、
オールアバウトの「暮らしの歳時記」ガイドを務める三浦康子さんは
「昔は地域全体が、年中行事などに向かって盛り上がったが、
今はその意識も薄れた。
また、共同体としての意識も薄いため、
盆踊りに対して温度差が生まれやすい。
さらに集客や観光のための盆踊りは、
一歩間違うと文化のない単なるイベントになってしまう。
地域文化として根付くためには、多くの人の支持が必要。
現在は、伝統行事を知恵を絞って残す時代。
無音盆踊りも、その試みのひとつの形だろう」
と話している。

スポンサーリンク

-イベント
-

執筆者:

関連記事

運動会のお弁当のおすすめ簡単レシピ

意外と知らない他人のお弁当の中身…。 献立を考えるのが苦手なママは必見です。 運動会弁当も色々なメニューがありますよ。 家族みんなが喜ぶお弁当をご紹介します。 おにぎり弁当 ・3種おにぎり ・タンドリ …

国民の祝日「海の日」の由来とは?海の日のイベントなど

海の日とは?その由来と意味 海の日の由来 海の日とは、元々「海の記念日」という民間での記念日でした。 この海の記念日というのは、明治天皇が明治9年に東北地方を 御巡幸(天皇が各地を回られること)された …

夏休みにバイトするなら短期バイトで稼ぐのがおすすめ

学生の間の貴重な長期休み、夏休み、冬休み、春休み! こんな時は思いっきり遊びたいもんですよね~。 高校生、大学生ともなれば アルバイトもすることができるようになってるので、 結構自由にお金が使えます。 …

子供に人気の定番おかず(3)

ベーコンの野菜巻き 材料(2人分) ベーコン・3枚 50g さやいんげん 6本 エリンギ・大 1本 塩 少々 こしょう 少々 うま味調味料 少々 サラダ油 小さじ1/2 ベーコンの野菜巻きの作り方 ① …

山開き・海開き情報、沖縄の海開きや富士山の山開きの時期について

6月から7月は、各地で山開きや海開きが行われるシーズンです。 住まいの近くに山や海がある方にとっては、 山開きや海開きは身近な行事でしょう。 一方、都市部に住む方はあまり馴染みがないと思います。 言葉 …