季節のトピックまとめサイト

季節のトピックに関するまとめサイトです。

病気

口内炎とは?口内炎の治し方について

投稿日:2017年6月28日 更新日:

ほとんどの人が経験がある口内炎。
突き刺すような強い痛みでブルーな気分になる人も。
口内炎の痛みを少しでも和らげ、
できるだけ早く治す方法を紹介します。

口の中の厄介者、口内炎が辛いとき

口内炎ができるとブルーな気分になります。
唇、頬の裏、下の上、口内にできた痛みは食事中はもちろん、
仕事中も人と話している時もリラックスしている時間ですら、
口内炎の痛みで休まりません。

食事は特に困ります。
空腹なのに「口の中が痛くて食べられない」という状況は
とても辛いですよね。

口内炎ができる原因は体の免疫低下など、
生活習慣やストレス環境を改善が必要な場合が多いのですが、
少しでも早くこの口内炎の痛みから解放されたいですよね。

口内炎の痛みに苦しむ方は多くいます。
ネット上で公開されている口内炎の痛みを少しでも和らげる方法と、
できるだけ早く完治する方法を紹介します。

スポンサーリンク
 

口内炎の治療と予防には、うがいがオススメ

口の中の細菌が増えると、口内炎が悪化します。
殺菌効果が期待できる塩水のうがいがオススメです。

塩うがいの方法は、コップに塩と、水を入れます。
うがいはじっくり丁寧に30秒くらい、
それを3回以上やってくだい。
塩うがいがおわったら、真水で1回うがいをして、
塩分を洗い流します。

口内炎ができる前の予防方法としても、
うがいはオススメのようです。

我慢できない痛みには、市販薬

痛みに我慢できない時には、市販薬を使う方も多いようです。

口内炎パッチ大正クイックケア

うがいなどで患部を清潔にした後、パッチを貼ります。
患部を刺激からしっかりカバーします。
ステロイド成分が入っているタイプと入っていないタイプがあるので、
購入時に確認しましょう。

スポンサーリンク

ケナログA口腔用軟膏

うがいなどで口内を清潔にした後、患部に塗ります。
即効性はやや欠けますが、寝る前に塗っておくと、
翌日には痛みが消えるようです。
口内炎が大きくなる前に早めに塗るのがオススメ。

上記の市販薬以外にも口内炎や痛み止めなど種類は沢山あります。
薬剤師に相談して購入しましょう。

昔から伝わっている民間療法も侮れません。

市販薬は苦手という方は、
民間療法と言われている治療はいかがでしょう。

はちみつを塗る

患部に直接はちみつを塗る方法は、昔からの治療方法です。
最初に塗る時は痛いのですが、患部を刺激からカバーしてくれ、
はちみつの殺菌と消炎作用により治癒効果を高めます。

ハチミツを使った口内炎の治療方法は、
はし、つまようじ、綿棒などで、口内炎に直接ハチミツを塗る。

塩を患部に塗る

患部に直接塩を塗ると、激しい痛みがあります。
塩には殺菌効果があり、口内炎に効果があるといわれています。
痛みに耐えられない方は、塩を直接塗る治療法の他に、
塩水でうがいをしてはいかがでしょう。

口内炎に直接塩を塗ると、激しい痛みはありますが、
治療の効果もあるんです。
塩を塗るポイントは、塩を塗った後には、洗い流すこと。

他にも民間療法として
「酢」や「にがり」など口内炎を治療する方法は沢山あるようです。
効果があるといわれるようなので、試してみてもいいですね。

口内炎を病院で治療

口内炎は、1~2週間程度で治る場合は多く、
病院に行かない方が多いです。
病院によってはレーザーで、
口内炎を直接焼いて治療する方法があり、
5~10分で痛みが和らぐようです。

ただ、治療は保険適用外で、
レーザー治療が可能な病院を調べる必要があります。
「副作用はあまりない」とのことですが、
治療中や治療後に痛みがあるという意見もあるので、
レーザー治療は慎重に判断した方がいいかもしれません。

口内炎が危ない病気のサインかもしれません。

理由は思い当たらないけれど、
口内炎が頻繁にできるようなら、
一度病院で診察してもらいましょう。
普通の口内炎と思っていたら、
深刻な病気の可能性もあります。
普通の口内炎だとわかると自分も安心します。

普段からの予防が大切です。

口内炎は心身の不調のサインでもあります。
普段からの口内のケア、
生活習慣など見直すチャンスかもしれません。
痛みが和らいでからでもいいので、
自分の生活を見直してみましょう。

スポンサーリンク

-病気
-

執筆者:

関連記事

梅雨に頭痛がひどくなる理由

シトシトと静かに降る梅雨の雨とは裏腹に、 頭がガンガンと響いて痛む。 この時期は、頭が痛くなりやすいのだ。 国内の4人に1人は「頭痛持ち」といわれ、 日頃から頭痛に悩まされていると、 「低気圧が近づく …

熱中症について学んでおこう

熱中症の症状 熱中症は、高温多湿な環境に、 私たちの身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。 以下のような症状が出たら、熱中症にかかっている危険性があります。 めまいや顔のほてり めま …

食中毒の予防と対策(2)

食中毒予防の原則 食中毒は、その原因となる細菌やウイルスが食べ物に付着し、 体内へ侵入することによって発生します。 食中毒を防ぐためには、細菌の場合は、 ①細菌を食べ物に「つけない」、 ②食べ物に付着 …

大量の水分補給で死に至ることも!「水中毒」とは何なのか?

水分補給が大切な時期ですが、飲み過ぎは注意 夏が近づき、水分補給が重要な時期になってきています。 水を飲むことはダイエットにつながるし、 体内の老廃物を尿として排出することで流行のデトックス (体内に …

意外に身近に存在する?発がん性物質のアクリルアミドとは?

発がん性物質:アクリルアミド アクリルアミドは、フライドポテト、 ポテトチップス、カリカリに焼いたトースト、 ビスケット、クラッカーなど 穀類を原材料とする焼き菓子など、 多くの食品に含まれている。 …