季節のトピックまとめサイト

季節のトピックに関するまとめサイトです。

雑学

自立した子供が育つ?モンテッソーリ教育とは?

投稿日:2017年7月9日 更新日:

日本ではモンテッソーリ教育といえば幼児期がメインです。
幼児期のたった数年の教育で、
いったいどう変わるのでしょうか?
幼児期、学童期、成人、
それぞれの時期の様子をまとめてみました。

モンテッソーリ教育の目的

目的=自立した子どもを育てる

自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、
生涯学びつづける姿勢を持った人間に育てる。

子供の手の届く高さの教具棚

子供達が自分で取ることができる高さの棚に、
教具が決められた場所に整頓されています。

このように、
「自分でできる」「自分で選ぶ」
環境が整った所で過ごすことにより、
幼いうちから『自立』の心を育てているそうです。

また、縦割りクラスにすることで、
小さい頃は助けてもらい、
大きくなったら小さな子供を助けることを
当たり前と思い過ごすので
『思いやり』が育めるそうです。

スポンサーリンク

幼児期:モンテッソーリ園での子供たちの様子

提示=見本を見せる

モンテッソーリ教育では、基本的に言葉で説明しません。
子供の横に座り
『ゆっくりと丁寧にやる様子を見せてあげること=提示』
をしてあげて、
子供自身の力で学びとることを大切にしています。
そのためには集中して見ていなければできません。
集中することを当たり前として
やらなければ遊べない環境下にいれば、
集中力のある子に必然的に育つのではないでしょうか。

最初はふらふらしていた子どもも、
そのうち自分なりにやることを見つけて、
自分で準備をし始め、終わったら片付けるように。

今まではできないことがあると、
すぐに癇癪を起こして泣いていたのに、
明らかに集中力が芽生え、
最後まで物事をやりとおす姿勢が見られるように。

学童期:モンテッソーリ教育で育った子供の特徴

座ることは当たり前

モンテッソーリ教育の教具で「お仕事」
(遊ぶことをお仕事といいます)をする時、
基本的にはきちんと座って一人で静かに行います。
それを当たり前に幼児期に出来るようになった子供たちは、
小学校に入っても、長時間席に座って集中できるのです。
また、縦割りクラスで培った、
人間関係の築き方や優しさも身に付いている子が多いようです。

きちんと座って話を聞く事ができ、学習能力が高いと評判

少人数で手先が器用になり、
小さい子の面倒も見て、自立した子供になります。

とても集中力があります。
縦割り保育のおかげか、
年齢や性別を問わず、友達になれます。
自立心も旺盛です。

役員の仕事で家事もおろそかになっているのを見て、
子供達は、自分でお手伝いの内容を決め、
毎日家事を手伝ってくれています。
料理の手伝い、洗濯物を畳む、お風呂掃除、
トイレ掃除、床磨き・・・と、
自分のできる範囲でお手伝いをしてくれますޥ
自分で決めて行動できる人間に成長しています。

良く言えば個性的・集中力がある、
悪く言えば協調性がない・集団行動が苦手。

室内遊びが多く、運動する機会が少なかったので、
運動能力は鍛えられていないようです。

成人:モンテッソーリ教育を受けて育った大人の特徴

Google創設者の二人

Google創設者のSergey Brin(サーゲイ・ブリン)氏、
Larry Page(ラリー・ペイジ)氏は、
モンテッソーリ教育を受けて育ち、
Googleがあるのもモンテッソーリ教育のおかげだと言っています。

他にも、Facebook、amazon、Wikipediaの創設者達も、
モンテッソーリ教育を受けて育ったそうです。

スポンサーリンク

物事を順序だて考え、
先を見通して不測の事態にも冷静に対処

・いい意味でマイペース、
 自分の意思がはっきりしていて、その通り生きている。
・親御さんは「私はなにもすることなかったのよ~」とおっしゃる。
 そして親御さんと仲がいい。
・フレンドリーである。
・出しゃばるタイプではないが、
 いざというときリーダーシップを発揮できる。

  

まとめ

「お勉強が出来る子」「賢い子」を育てるのではなく、
生きることを充実させるための力を育てるのが、
モンテッソーリ教育なんだと思います。
自分一人でできる環境ややりたいものを自分で選ぶということで
「自立心」や「自己肯定感」を育て、
それをやり遂げることで
「集中力」が身に着くようです。

運動を苦手にしていると感じる人もいますが、
それは家庭で補えばいいだけの話です。
小学校に入学してからの横並びで時間の決まった集団生活も、
数ケ月で慣れるとのこと。

アメリカと違い、日本では幼稚園・保育園で
モンテッソーリ教育を受ける子は多いのですが、
それ以降はモンテッソーリ教育を受けられる教育機関が
ほとんどありません。
そのため、幼児期の3年間前後が
モンテッソーリ教育を受けられるチャンスです。

その時期に受けた教育が、
成人になっても影響があるかどうかは、
本人と周りしか分かりません。
でも、
「モンテッソーリ教育のおかげだ」
と言っている成功者達がいるのも事実です。

本来24歳までの長期スパンで考えられているモンテッソーリ教育。
おうちでモンテッソーリ教育を続けられると、
もっと生きる力が育つのではないでしょうか。

スポンサーリンク

-雑学
-

執筆者:

関連記事

中学生棋士の藤井聡太が凄すぎる!?

藤井聡太の天才過ぎるエピソードを総まとめ! 藤井聡太(ふじいそうた)は、 中学2年生のプロの将棋棋士(四段)。 史上最年少の14歳2カ月でプロ入りを果たした、 藤井聡太の天才ぶりが話題になっています。 …

ビットコインが分裂。新しい仮想通貨「ビットコインキャッシュ」とは?

「ビットコインキャッシュ(BCC)」が誕生 インターネット上でやりとりできる「仮想通貨」の代表格 ビットコインが分裂し、 新たに「ビットコインキャッシュ(BCC)」が2日未明、誕生した。 分裂で誕生し …

土用の丑の日、ウナギ離れが進んでいる

土用の丑の日 土用の丑の日(どようのうしのひ)は、 土用の間のうち十二支が丑の日である。 一般的には立秋前の18日間の夏土用をさします。 この期間を暑中と呼び、 暑中見舞いを出す時期でもあります。 土 …

カルピスに含まれる乳酸菌の嬉しい効果とは?

乳酸菌とはどんな菌なのか 地球上にはたくさんの微生物がいますが、 私たちにとって有益な微生物の一つが乳酸菌です。 乳酸菌はある一種類の微生物を指すのではなく、 生育に必要なエネルギーを得るために、 ブ …

海水浴はいつから始まった?海水浴の歴史について

夏のレジャーと言えば海水浴。 泳ぐことだけに限らず、砂遊びや磯釣り、サーフィンやボディボード、 最近ではフライボードなど、楽しみ方もいろいろあります。 そんな海水浴ですが、最初は何と医療行為のひとつだ …