季節のトピックまとめサイト

季節のトピックに関するまとめサイトです。

生活

暑い夏は夏野菜を入れたカレーを食べて乗り切ろう

投稿日:2017年7月14日 更新日:

夏といえば、夏野菜たっぷりのカレー

暑い日は不思議とカレーが恋しくなります。

トマト、ナス、ズッキーニ、ピーマンなどなど、
カラフルな夏野菜には、
ビタミンや食物繊維などの栄養がたっぷり含まれています。

野菜の食感や色なども普通のカレーとは違って、
見て楽しく、食べてもおいしい、
夏野菜たっぷりのカレー。
 

夏野菜カレーには嬉しい効果が盛りだくさん

夏の食欲減退に効果的

「カレーを食べると元気が出る」、
これは、カレーに使われている「スパイス」
による効果が大きいとされています。

スパイスを多用した
カレーの「香り」や「辛さ」が
食欲を増進させてくれるのです。

スポンサーリンク

夏野菜カレーは体温を下げる

薬膳の世界では、
「夏野菜」は体を冷まし、
「冬野菜」は体を温めるものが多い、
と言われます。

夏野菜には、「水分」や「カリウム」を豊富に含んでいるものが多く、
身体にこもった熱を身体の中からクールダウンしてくれるのです。

スパイスによる発汗で効率的に放熱

カレーに含まれる「チリ」、「ジンジャー」、「ペッパー」
といった辛味スパイスには、
発汗を促す作用があります

辛いものを食べると体温は一時的に上がりますが、
汗をたくさんかくので、
結果的に体温を下げることができます。

暑い夏に、スパイスの効いたカレーを食べることにより
更に身体が温められ、血行が良くなり、それによって発汗し、
身体の熱が放出されるのです。

栄養の吸収力を高める

スパイスの辛味成分が消火器の粘膜を刺激し、
消化液の分泌が増え、
またそれにより腸の働きも促進されるので
栄養分の吸収力が高まります。

食欲がなくなり栄養が偏りがちな夏でも、
一皿食べれば効率よく栄養を摂取できるわけです。

夏野菜の栄養素が盛りだくさん

お日様をたっぷり浴びて栄養満点の
トマトやナス・オクラなどの夏野菜は
夏バテ対策にもおすすめです。

夏野菜カレーは数種類の野菜を一度にたくさん食べられるので、
お手軽です。

疲れやすくバテてしまいがちな夏こそ、
旬の野菜を食べて元気に乗り越えたいものです。

翌日に持ち越してもアレンジして美味しくいただけます

冷やしカレーうどん

スポンサーリンク

カレーリメイクの定番と言えばカレーうどん。

冷たく冷やしたうどんをカレーつゆにつけて食べれば、
冷やしカレーうどんの出来上がり。

冷やしたスープ上に浮いて固まった脂分を丁寧に取り除くと
ヘルシーで口当たりのよいカレーになります。

カレートースト

温めたカレーを食パンの上にのせて、
とろけるチーズをのせたらトースターで焼くだけ。

カレーのルーが微妙な量が残ってしまった時や、
トーストにちょっと食べ応えが欲しい時にぴったり。

チーズをのせれば見た目もおしゃれでマイルドな味わいに。

カレーパスタ

余ったカレーを和えるだけ。
簡単でおいしいパスタの出来上がり。

味付けはカレーだけなので、
とにかく短時間で作る事ができます。

野菜をたっぷり使ったり、
好きな具材や旬の食材を加えてもおいしく仕上がります。

夏野菜&カレーで夏を乗り切ろう

夏こそ夏野菜カレーを食べよう

夏バテ気味のお父さんも、
元気いっぱいで夏休みを楽しんでいる子供たちにも、
ぴったりの夏野菜カレー。

夏野菜を使ったカレーの健康レシピで、
暑さに負けない身体作りをしていきましょう。

スポンサーリンク

-生活
-

執筆者:

関連記事

台風の成り立ちと大型台風に対する自宅の備えについて

毎年のように台風被害がある日本 台風とは、熱帯または亜熱帯低気圧が、 発達して最大風速17メートル以上になったものをいう。 気圧や台風の目が形成されているなどは関係ない。 日本に台風が多いのは 日本の …

室内環境対策(ダニ・カビ)(2)

(2)カビ対策 カビは、換気不足などの理由で湿度が高くなると発生します。 天気の良い日の換気は、湿度を下げるため、 カビ予防対策としてもっとも有効な方法です。 換気が不足となる押し入れなどの収納スペー …

危険な外来昆虫、殺人ヒアリ(火蟻)とは

2017年5月に神戸港に上陸した事を確認。 仰天ニュースでも特集になった、 恐怖の外来種ヒアリ(火蟻、ひあり、fire ants)ファイヤーアント。 ヒアリに刺されるとどうなるかなど、 症状や対処法、 …

頻発するようになったゲリラ豪雨の危険性について

ゲリラ豪雨とは ゲリラ豪雨(ゲリラごうう)とは、 正式な気象用語ではないが、 ほぼ「集中豪雨」と同義で、 大気の不安定により突発的で 天気予報による正確な予測が困難な局地的大雨を指す。 ゲリラ豪雨は夏 …

蚊に刺されないための対策とは?かゆみを抑える方法について

蚊の生態 蚊は、成虫と幼虫の住む場所が、まったく異なります。 蚊の幼虫(ボウフラ)は、水の中で暮らしています。 卵から成虫に羽化するまで、水の中での生活が続きます。 その生息場所もさまざまで下水溝・雨 …