季節のトピックまとめサイト

季節のトピックに関するまとめサイトです。

生活

汗をかく場所で分かる病気の可能性とは?

投稿日:

暑い時など、人は汗をかくもの

汗をかくことで
私たちは自分達の上がりすぎてしまった
体温を下げることができるのです。

夏はじっとしていても
汗がにじみ出てきてしまう季節で、
本当にストレスになるほど
汗をかいてしまうこともあります。

暑いときや激しい運動をしたとき、
緊張したとき、
辛いものを食べたときに顔汗が出るのは、
誰にでも起こる生理現象です。

発汗習慣がない人は「部分汗」になっていることも

「サボリ毛穴」が多い人は、
体全体で汗をかけないため、
額や脇などの働いている毛穴で
たくさん汗をかこうとします。
部分汗が多い人は、
怠けている毛穴が多いのです。

本来全身からかくはずの汗が
額や胸や背中などの部分からしか出ない。
これらは部分汗です。

顔や頭といった局所にかく「部分汗」は、
その他の部分が「全身汗」をかけないための
「代償性」の発汗なのです。

このような人は
生活環境の中で発汗する習慣がなかったので、
汗腺が退化してしまっているのです。
休眠汗腺が多いのです。

毎日発汗する習慣がないと、
汗腺は退化してゆきます。
毎日毎日コツコツと体を温め、
発汗し続けることで、
解消できますからご安心ください。

スポンサーリンク

多量な「部分汗」は病気の可能性も

汗がひどく多いというのは、
時として重大な病気のサインである事があります。

注意しなければならない汗とは
どのような汗でしょうか?

頭皮の汗

更年期によく見られる症状の一つに
ホットフラッシュがあります。
これは急に顔がほてったり、
のぼせた状態になったり、
さらには大量の発汗が見られる状態のことを言います。

何の前触れもなく生じるケースがほとんど。

頭の汗はホットフラッシュが原因かもしれません。

ホットフラッシュとは、
急に身体や頭がカーッと
熱くなるような感じになることを言います。

更年期障害のように
急に血行が悪化した場合に見られます。
その原因となるのが女性ホルモンの分泌量の減少。

額の汗

額から出る汗が、
病気が原因であることもあります。
一概に言えませんが、
代表的なものとしては
糖尿病やバセドウ病が挙げられます。

糖尿病性神経障害により
多汗になることがあります。
これは糖尿病により
自律神経に異常が発生したことが原因です。

バセドー病になると、
体内の代謝を促進する
甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるため、
代謝が異様に高まって大量の汗をかいてしまいます。

顔汗

顔面多汗症は、
顔から汗が大量に噴き出してくる症状です。
緊張しているときなどに症状がひどくなります。
気温が高いときは、
温熱性発汗としての発汗も加わるため、
人目が気になるほどの汗をかきます。

常に顔が汗で湿っていたり、
緊張したときにしたたり落ちるほどの
汗をかいたりする場合は、
「顔面多汗症」という病気かもしれません。

交感神経が活発になりすぎていることで
起こると考えられています。

顔汗は、発汗を促している交感神経を切断する
手術を受けることでかなり減らすことができます。

ワキ汗

腋窩多汗症は、
自律神経の失調により
必要以上にわきの下に汗が出てしまう病気。

脇の下は汗腺が集まっているため、
身体の中でも汗をかきやすい場所です。

ストレスや極度の緊張によって
精神的に大きな負担がかかったりすると
ワキ汗をかくことがあります。

特別な原因がないのにワキに多量の汗をかく病気を
「原発性腋窩多汗症」といいます。

背中の汗

背中はもともと汗をかきやすい部分ですが、
突然大量の汗をかいた場合には、
病気の可能性が考えられます。
背中に大量の汗をかく時には、
更年期障害で体温の調節機能が衰えているかもしれません。

背中は汗をかきやすい場所であるとはいっても程度があり、
運動もしていないのに汗でぐっしょりは困りものです。

温熱性発汗が盛んな部分ですので
この部分が異常に汗をかくということは
体の体温調節機能が弱っていると考えられます。

スポンサーリンク

つまり、体内の体温調節が上手にいかないので、
体は臓器の温度を下げる為に、
多量に汗をかいているのです。

手汗

手掌多汗症とは、
日常生活上いろいろな障害をもたらすほど
手のひらに発汗する治療が可能な病気です。

手のひらの多汗症は、
手から汗が滴るように出るために、
「手を動かすと汗が飛び散る」
「教科書やノートが濡れてしまう」
「握手ができない」
「手が滑って物を落としやすい」など、
さまざまな支障が生じます。

緊張していないリラックスした状態でも、
手のひらから滴り落ちるほどの大量の汗をかいてしまいます。

足汗

足底多汗症は、
足の裏に異常なほどに大量の汗をかく症状です。
緊張していたり、
ストレスを感じているときに症状が強く出ますが、
それらとは無関係に、
常に汗をかいてしまう症状の重い人もいます。

足の裏に大量の汗をかくのは
足蹠多汗症と言う病気で
緊張しやすい人や精神的に繊細な人が
なりやすいと言われています。

何か特別なきっかけがなくとも
日常的に非常にたくさんの発汗が起きており、
足裏は常にぬるぬる、
靴下はびちゃびちゃ、
靴の中はドロドロという
非常に不快な状況が日常的となります。

大量の寝汗

通常、人は寝ている間に
コップ一杯程度の汗をかくと言われています。
寝汗をかくこと自体は全く以て問題ではありません。

しかし、寝ているにも関わらず寝汗が不快で目が覚める、
パジャマがぐっしょりになるほど汗をかくという場合は
コップ一杯の許容範囲を越えているので、
何らかの問題が考えられます。

また、アルコールを飲み過ぎたり、
ストレスを抱えていると、
寝汗の量が増えることがあります。

寝汗の原因は色々あり、
もちろん暑さが関係していたり、
自律神経などが関係していたりします。

寝汗を大量にかく場合、
白血病などの血液の病気や結核の疑いがあります。

多汗の原因を突き止めて正しい治療を

多汗症は、
治療を受ければほとんどが治るのです。

汗をかきすぎる原因が病的なものかもしれないと思ったら、
一度病院で診察を受けてみることをおすすめします。

  

スポンサーリンク

-生活
-

執筆者:

関連記事

機能性表示食品について考える

「『牛丼=不健康』というイメージを払拭したい」 牛丼チェーンなどを運営する吉野家ホールディングスで 素材開発を担当する梶原伸子氏は、 3月発売の新商品に切実な願いを託した。 外食大手で初の機能性表示食 …

梅酒の概要、成分と効能について

梅酒とは? 梅酒は、梅に酒類と糖類を加え 熟成させて作られたお酒で果実酒の一種です。 梅酒とは、梅を使った果実酒の事です。 1697年に発刊された元禄時代の 「本朝食鑑」という書物に記されており、 い …

睡眠の質を上げるために重要な深部体温とは?

布団に入っているのになかなか寝付けないとお困りの方、 もしかしたらそれは深部体温が下がっていないことが 原因かもしれません。 実は、睡眠と体温は大きく関係していて、 体温をうまく調節することはより良い …

UV・紫外線の基礎知識とその対策

「今年のGWの計画は完璧!」という一方、 「どこに行こうかまだ決めていない」という人も多いようです。 海外旅行もいいですが、 近場で気軽にレジャーを楽しむ方にとっても、 アウトドアに最適な季節はもうす …

熱中症対策に不可欠なエアコンの電気代について。

厳しい猛暑が続く中、 エアコンに関する気になるニュース ・エアコンの販売が好調で、  メーカー各社や家電量販店は、生産や販売の態勢を相次いで強化 スポンサーリンク ・突然エアコンが故障した!  熱帯夜 …