季節のトピックまとめサイト

季節のトピックに関するまとめサイトです。

生活

暑い夏に要注意。ジカ熱とデング熱について。

投稿日:2017年7月16日 更新日:

ジカ熱とは?

ヤブカ(Aedes)属の蚊によって媒介される
ジカウイルスによる感染症である。
ジカウイルスはデングウイルスと同じフラビウイルス科に属し、
症状はデング熱に類似するが、それより軽い。

ジカウイルスは、
1947年にウガンダのZika forest(ジカ森林)の
アカゲザルから初めて分離され、
ヒトからは1968年にナイジェリアで行われた研究の中で分離された。
ジカ熱は、
2007年にはミクロネシア連邦のヤップ島での流行、
2013年にはフランス領ポリネシアで約1万人の感染が報告され、
2014年にはチリのイースター島、
2015年にはブラジルおよびコロンビアを含む
南アメリカ大陸での流行が発生した。

WHOによると、
2015年以降2016年第2週までに、
中央および南アメリカ大陸、
カリブ海地域では20の国や地域
(バルバドス、ボリビア、ブラジル、コロンビア、エクアドル、
エルサルバドル、フランス領ギアナ、グアドループ、グアテマラ、
ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、マルティニーク、メキシコ、
パナマ、パラグアイ、プエルトリコ、セント・マーティン島、
スリナム、ベネズエラ)から症例が報告されている。
日本への最初の輸入症例は
フランス領ポリネシアでの感染症例であった。

スポンサーリンク
 

ジカ熱の症状

ジカウイルスを媒介する蚊に刺されてからの潜伏期間は不明であるが、
数日から1週間とみなされている。
60%から80%程のケースが、無症候性(英語版)である。
主たる症状は軽度の発熱、結膜充血、筋肉痛、関節痛、頭痛、
斑点状丘疹であり、
デング熱やチクングニア熱と似た症状である。
発熱などはデング熱と比べると軽い。
現在有効な薬剤やワクチンはなく、
対処としては安静にするのみである。
デング熱と比べると症状は穏やかであり4日から1週間で終息する。
入院が必要になることは希であり、
2016年1月末現在ジカ熱を直接的な原因とする死者は報告されていない。

ジカウイルスと同じフラビウイルス科の他のアルボウイルス
(節足動物媒介ウイルス)によって引き起こされる
黄熱病や西ナイル熱などとの関連性、
および妊婦の感染による新生児の小頭症(英: microcephaly)
との関連性が「強く疑われている」。
また、身体(特に四肢)に麻痺を引き起こす
ギラン・バレー症候群との関係性が指摘されている。
2016年2月1日に世界保健機関は小頭症と共に調査の標準化・強化、
因果関係の研究を宣言した。
2月5日には、ブラジルリオデジャネイロ州で
ギラン・バレー症候群の急増が報じられ、
コロンビアでは3人の死者が出ていることが発表された。

ジカ熱の予防について

蚊がジカ熱を伝播するため、
感染地域の蚊の駆除によって予防効果が発生する。
防虫剤、蚊帳、素肌をさらさない衣服、
蚊の発生源となる水溜りの除去が対策に含まれる。
アメリカ疾病予防管理センターでは、
長袖・長ズボンにより露出部を減らす、
ディート・ピカリジン・レモンユーカリオイル・
エチルブチルアセチルアミノプロピオン酸を含む防虫剤の使用、
各種製品の用法を守った使用、
日焼け止めは防虫剤の下に塗布する、
網戸があるかエアコンの効いた部屋に滞在・就寝する、
屋外に面した場所で眠る場合には蚊帳を使用する
等の対策を推奨している。
さらに蚊の発生を抑える戦略として、
水たまりの除去、浄化槽の修理、
網戸をドアや窓に付けるなどの対策も勧めている。

ジカウイルスに対する特有の薬は見つかっておりません。
対症療法となります。

ジカウイルス感染症に有効なワクチンはありません。

デング熱とは?

ネッタイシマカなどの蚊によって媒介される
デングウイルスの感染症である。
デングウイルスはフラビウイルス科に属し、
4 種の血清型が存在する。
比較的軽症のデング熱と、
重症型のデング出血熱とがある。

デングウイルス感染症がみられるのは、
媒介する蚊の存在する熱帯・亜熱帯地域、
特に東南アジア、南アジア、中南米、カリブ海諸国であるが、
アフリカ・オーストラリア・中国・台湾においても発生している。
全世界では年間約1 億人がデング熱を発症し、
約25 万人がデング出血熱を発症すると推定されている。
海外渡航で感染し国内で発症する例(輸入症例)が増加しつつあり、
2014年の夏季には輸入症例により持ち込まれたと考えられる
ウイルスにより150例以上の国内流行が発生した。
感染症法施行後の患者届出数は、
1999 年(1~3月を除く)9症例、
2000年18症例であり、
2010年には初めて年間200例を超えた。
年度ごとの変動は、流行地への海外渡航者数、
日本人旅行者のよく行く流行地での
デング熱の流行状況と関係しているようである。

スポンサーリンク

デング熱とデング出血熱の症状

デング熱は、
デングウイルスが感染し
症状が現れた患者さんの大多数を占める病気です。
感染後2~10日ほどで突然の高熱で発症します。
頭痛、眼の奥の痛み、腰痛、筋肉痛、骨痛が主な症状として現れ、
さらに食欲不振、腹痛、吐き気、嘔吐、脱力感、
全身倦怠感(けんたいかん)も現れることがあります。
全身のリンパ節のはれもみられます。
また、発熱してから3~5日目には
胸、背中、顔面、腕、脚に発疹が出ることもあります。
これらの症状は約1週間で消え、
通常は後遺症を残すことなく回復します。

デングウイルスに感染したヒトのうち、
最初はデング熱とほぼ同様に発症し経過しますが、
熱が平熱にもどるころに
血液中の液体成分(血漿(けっしょう))が血管からもれ出したり、
出血の症状が現れたりすることがあります。
この病気はデング出血熱と呼ばれ、
適切な治療を行わないと死亡することがあります。
血漿のもれは胸水(きょうすい)
あるいは腹水(ふくすい)として現れます。
出血は比較的軽い点状出血、注射部位からの出血、
鼻出血、血便、重篤な吐血、下血と多様です。
血漿のもれが進行するとショック症状を起こし、
デングショック症候群とも呼ばれます。

デング熱・出血熱の予防について

蚊が多い地域では虫除け剤の使用を考えましょう。
流行地域では肌の露出に注意しましょう。
自覚症状が現れない人も多いので、
流行地域から帰国したときには
蚊に刺されないように注意しましょう。
インフルエンザと同様に流行地域と流行時期があります。
旅行先でのデング熱の情報も見ておきましょう。

デング熱は国内にない病気なので病院での検査ができません。
医療機関が、地域の保健所と相談の上、
地方衛生研究所(地研)ないしは国立感染症研究所(感染研)
に検査を依頼します(デング熱診療ガイドライン[第1版])。
帰国時にデング熱が疑われ、
検疫所で検査の必要があると判断された場合には、
検査を受けることができます(検疫法第13条)。
デング熱は感染症法で4類感染症全数届出疾患に分類されるため、
診断した医師により直ちに最寄りの保健所に届けられます。

まとめ

どちらのウイルスも蚊を媒体として感染します。
今現在有効な薬やワクチンがないので注意が必要です。
また、ジカウイルスについては
ジカ熱だけではなく他の病気との関連が強く疑われています。
これから暖かくなり蚊が増えてくる時期になりますので、
これまで以上に正しい知識と有効な予防をもって対処しましょう。

  

スポンサーリンク

-生活
-

執筆者:

関連記事

睡眠不足が引き起こす悪影響について考える②

睡眠時間が6時間以下の人は、 7時間以上の人より4倍も風邪をひきやすいとの調査結果 米カリフォルニア大学サンフランシスコ校のAric Prather准教授らが、 健康な男女164人(18?55歳)にホ …

台風の成り立ちと大型台風に対する自宅の備えについて

毎年のように台風被害がある日本 台風とは、熱帯または亜熱帯低気圧が、 発達して最大風速17メートル以上になったものをいう。 気圧や台風の目が形成されているなどは関係ない。 日本に台風が多いのは 日本の …

ナスを使った絶品レシピ

ナスのうまいうまい焼き なすあまってませんか? ナスを大量消費 茄子のうまいうまい焼き ごまの効いた甘じょっぱい 味付けがたまりませんよ 【材料】 (2人前) 【なす】 3本 【ごま油】 大さじ1 【 …

危険な外来昆虫、殺人ヒアリ(火蟻)とは

2017年5月に神戸港に上陸した事を確認。 仰天ニュースでも特集になった、 恐怖の外来種ヒアリ(火蟻、ひあり、fire ants)ファイヤーアント。 ヒアリに刺されるとどうなるかなど、 症状や対処法、 …

衣替えにおける衣類の収納

衣替えをするときに、 知っておくといい情報やコツってあるんです。 年に何度もするわけではない衣替え。 コツや収納術を知ってからすることで、 スムーズにできるようになるんです。 これから衣替えをするあな …