季節のトピックまとめサイト

季節のトピックに関するまとめサイトです。

生活

2017年の夏は過去に類のない酷暑!熱中症には厳重警戒!

投稿日:2017年7月20日 更新日:

5月からの暑さが一段とレベルアップ

関東から西では、5月からの暑さが一段とレベルアップ。
最高気温は35度以上と、「猛暑日」の所も。

前線北上は、つまり夏の高気圧に覆われだすということ。
そのため(特に西日本ほど)気温が上がり、
内陸ほど35℃を越える暑さになった。

5月から真夏のような暑さに。
真夏日地点は全国のアメダスの観測点の半数以上にのぼり、
37度まで気温の上がる所も。

梅雨が一休み、夏の高気圧が覆う

6月に入ると、
真夏をもたらす太平洋高気圧が勢力を強めるため、
急に厳しい暑さとなった。

7月の初めは太平洋高気圧が主役。
梅雨前線を北へ押し上げ、
関東も今年一番の真夏のような蒸し暑い空気に包まれた。

7月の半ばになると、太平洋高気圧が
関東までをすっぽりと覆った。
これにより、真夏のような暑さになった。

スポンサーリンク

暑さが続きそうな気配

今年は、暑さが「続く」のが特徴で、
8月の初めから、「猛暑日(最高気温35度以上)」が続く可能性がある。

各地の予想最高気温が、30度を超える日が多くなりそう。

熱中症はもちろんのことだが、
湿気もあるため食中毒にも注意

まだ暑さに体が慣れていないうちは熱中症の危険が高まり、
熱中症の搬送者数が、グンと多くなる恐れがある。

熱中症対策を万全にするとともに、
湿度も高いため、食中毒にも注意していただきたい。

東京都心などでは夜も気温が下がりにくく、
連日、熱帯夜の日となりそう。
このような環境下では、特に熱中症に警戒が必要である。

スポンサーリンク

熱中症は屋内でも注意

熱中症は、乳児から高齢者まで年齢に関係なく幅広く、
また昼夜問わず多様な環境下において発症している。

症状として主なものは、
めまい、失神、頭痛、吐き気、強い眠気、気分が悪くなる、
体温の異常な上昇、異常な発汗(または汗が出なくなる)などがある。

水分補給や室温を下げて熱中症予防

「気温24~28度」は熱中症による死亡事故が発生する可能性がある
「注意温度」で、積極的な水分補給が推奨されている。

熱中症にならないためには、
塩分・ミネラルが含まれ、
水分とともに効率的に体内に吸収されるような
飲み物が好ましい。

室内が28℃を超え、湿度が70%を超えるような場合は、
必ずエアコンや扇風機などを併用して、
室内の温度・湿度を下げるようにする。

部屋に強い日差しが直接入ってくると、
室内の温度が高くなってしまう。
すだれや植物を利用して、
強い日差しを遮る工夫をしたい。

今年の夏は「猛暑」、「酷暑」

6月から8月にかけての気温は、
全国的に平年よりも高くなる予想となっている。
暑さがかなり厳しくなる日もありそう。

気象庁は、夏(6~8月)の予報を発表した。
平均気温は全国的に高いと予想され、
特に8月は太平洋高気圧が本州付近に強く張り出し、
厳しい暑さが続く可能性がある。

全国的に例年の夏より厳しい暑さが長く続いたり、
真夏にしても極端に暑いような日が出てくる恐れがある。
熱中症など健康管理に十分な警戒が必要である。

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:

関連記事

睡眠不足が引き起こす悪影響について考える①

なぜ寝なければいけないのかということは まだ解明されていませんが、 寝不足が人にとってどれほど悪影響を及ぼすのかは 研究によって明らかになっているようです。   「睡眠不足はメタボの元」 その仕組みを …

この夏に痩せたい!基礎代謝を上げる方法とは?

基礎代謝とは 基礎代謝とは 「呼吸、体温調節、内臓の活動など、 生命維持のためのエネルギーで、 安静にしていても使用されるエネルギー消費」 のことです。 スポンサーリンク 基礎代謝の内訳 ・肝臓:27 …

睡眠不足が引き起こす悪影響について考える④

睡眠不足は肥満の素? 4時間睡眠を境に、肥満自覚率が3倍違った 7月25日にアイシン精機が発表した調査によると、 平日の睡眠時間が4時間を境に、 肥満を感じる割合が3倍に上っている。 しかも、休日の寝 …

夏バテ対策に最適?相撲部屋のちゃんこ鍋とは?

ちゃんこ鍋の味としては、 ちり鍋風のものと寄せ鍋風のものの 二つの系統があるとされているらしいですが、 各相撲部屋によって様々な味があります。 伝統の味、斬新な味、稽古後の濃い塩味、味噌味、さっぱり系 …

黄砂の飛来する時期はいつ?その原因や対策について

黄砂の事をわかりやすくご説明します。 時期やピークをはじめ、原因から被害状況など色々まとめました。 春になると騒がれる黄砂。 今は、PM2.5やスギ花粉も騒がれますが、 黄砂も大変な事になっています。 …