季節のトピックまとめサイト

季節のトピックに関するまとめサイトです。

病気

1滴の尿でがん検診ができるようになるらしい。

投稿日:2017年7月30日 更新日:

がんの早期発見が簡単になる?

がんのにおいを好む線虫の特性を利用し、
自動でがんを検査できる装置を開発したと、
日立製作所が18日、発表した。

がんの早期発見に向けた研究をしている
九州大学の広津崇亮助教が立ち上げた
ベンチャー企業と共同研究を進める。

2019年末から20年初めに
保険が適用されない自由診療での実用化を目指す。

  

スポンサーリンク

「たった1滴の尿」でがん検診が可能に?

がん患者の尿には近づくが、
健常者の尿からは離れていく
線虫の特性(化学走性)によってがんの検診を行うもの。

容器に尿1滴を垂らし、
約30分で線虫50~100匹の過半数が
尿に寄っていけば、がんと判定する。

線虫は「がんの匂いを嗅ぎ分ける」

105人の患者で調べ、
9割を超える精度でがんを見分けられたという。

腫瘍マーカーでは検知が難しい
ステージ0~1のがんにも反応するという。

線虫は犬以上の嗅覚があり、
がん患者の尿に特有な物質のにおいが餌に似ているため、
誘引されると考えられる。

スポンサーリンク

がんの検診や治療に要する時間と費用

がんは1981年以降35年もの間、
日本人の死因第1位。
生涯に2人に1人ががんを経験し、
3人に1人ががんで命を落とす。

現在、日本におけるがんの疾病費用は、
間接費用を含めると約10兆円と
大きな社会的負担となっている。

がん治療にかかる医療費、早期死亡、
障害による社会的損失を含む経済的影響は
100兆円にも上ると報告されています。

がんの早期発見が可能に?

同検査法は簡便で安価な方法でありながら、
多種類のがんを高精度・早期に発見可能という特徴を持つ。

これまでは手作業のため、
一日3人から4人の検査が限界でした。

将来的に300人から400人の尿検査をしても
検査結果が当日出ることを目指す。

検診費用も大幅に抑えられる?

線虫は大腸菌などを餌とし、
飼育が容易である。

安価に培養できるため、
検査費用は1人あたり数千円ですむ。

1回数千円で、
体への負担が少ないがん検査が可能になる。

がん患者の減少に期待

簡単かつ安価に検査できるため、
ガンの早期発見率が向上することも予測される。

誰もが気軽にがん診断を受けるようになれば、
がんの早期発見・早期治療につながり、
がん診療のあり方を根本的に変えることになる。

尿検査でがんの有無がわかるようになったら、
がんの生存率は今以上に上がってくるだろう。

スポンサーリンク

-病気
-

執筆者:

関連記事

冷房病とは?その対策と夏の体調管理について

男性にも冷え性が増えているらしい 毎年夏になると、どうも体調がよくない… そんなふうに感じていたら、 もしかすると「冷え性」かもしれません。 冷え性は、冬、女性に多い症状として知られています。 ところ …

この夏を乗り切るための夏バテ対策について

夏バテの症状 吐き気、頭痛、倦怠感はある? 夏バテの主な症状は、だるさ・倦怠感、睡眠不足、食欲不振です。 暑く寝苦しい夜が続くと、どうしても睡眠不足になってきますよね。 また、日中も暑すぎると食欲が落 …

ストレスや過労が誘因とも?未だにはっきり解明されていない突発性難聴について

ある日突然、 片側の耳の聞こえが悪くなる疾患である突発性難聴。 40代~60代に多く、 発症率は約3千人に1人と推定されています。 原因が未だにはっきり解明されておらず、 ストレスや過労が発症の誘因に …

大量の水分補給で死に至ることも!「水中毒」とは何なのか?

水分補給が大切な時期ですが、飲み過ぎは注意 夏が近づき、水分補給が重要な時期になってきています。 水を飲むことはダイエットにつながるし、 体内の老廃物を尿として排出することで流行のデトックス (体内に …

座りすぎがもたらす体への悪影響とは?

座っている状態は、 身体にとって最も好ましくない姿勢のひとつだといわれている。 わずか20分間椅子に座り続けるだけでも、 足に血がたまり、背骨に大きな負担がかかるため、 関節痛や痺れといった症状が現れ …