季節のトピックまとめサイト

季節のトピックに関するまとめサイトです。

雑学

ドラマなどで見られる「魔性の女」の特徴とは?

投稿日:2017年8月17日 更新日:

魔性は天然ー小悪魔とは根本的に違う

実は魔性の女は計算していない、
というよりも計算できない人が多いのです。
周りにいつも天然ボケといわれる人が多いかもしれません。
お金が大好きで、すべて計算づくの女とは本質が違うのです。
魔性の女は純真で人当たりがよく、
大人の色気のある一面と、
少女のようなピュアな一面を併せ持っているのです。
天然の彼女には「男をだます」なんて悪気はありません。

計算高い女の計算力など、
彼女たちよりも上手の男性にとっては五分と五分で、
さほど考えなくても彼女たちが求める答えが見えている。
しかも彼らは、計算高い女のプライドがエベレストよりも、
高いと言うことをよく知っているので、
計算高い女の、
計算力に気づかないふりをして騙しのトラップなどに、
かかったふりをしてくれているのです。

スポンサーリンク

「天性」のものー小悪魔とは違い、
なりたくてなれるものではない

「魔性の女と思われたい」と、
モテテクを盗もうと思ってここを見ている女性の方、
ごめんなさい。
魔性の女はなりたくてもなれるものではないのです。
いい男ほど、計算づくで、作り上げられた女を嫌います。
お金目当てとすぐにわかるような女は、
男からは遊ばれてしまう傾向にあります。
仮にチヤホヤされていても、
それは男がだまされたふりをしてくれているのです。
「本当にいい男」ほど、
見た目だけの、浅はかな女を弄びます。
計算が見えない、
浅はかさを感じさせないほどの「人間としての底の深さ」
があるからこそ一挙手一投足が予想外であり、
それがまた世のいい男たちを惹きつけるのです。
短期的に本を読んだり浅知恵をつけたところで、
人間としての深みがなければ、
生まれた時から醸成された、
天然魔性の女が持つ「奥の深さ」には勝てません。

魔性の女になりたいから「魔性性」が身に付くのではなく、
先天的な資質が魔性性をさらに高めるといえるだろう。

計算づくでチョッと可愛い駆け引きをして
男性の気を引こうとするのは、
小悪魔と呼ばれる女性。
あくまでも計算なのでどこか見え透いていたり、
浅はかさが感じられたりするものです。
しかし、本当の魔性の女とは計算づくではありません。
天性なので、ある意味一番性質が悪く
男性の人生を狂わせてしまうような怖さを秘めており、
魔性の女に惹きつけられた男性も「彼女のためなら」と、
どんどん自ら未知の世界にハマってしまうのです。

女同士で群れない、物事にたいしての見方が独特

大半の女子たちがもっているものとは違う、
独特のものさしで人生を生きています。
そのため本当の意味で分かり合える女友達も少なく、
魔性の女が女同士で群れていることはあまりありません。
魔性の女たちは、自分自身にたいして、確固たる自信があります。
「他人に認められたい」「ちやほやされたい」など、
他人からの評価を軸としたものは追いかけていません。
また男性に対しても、
「年収が高い男」
「人から羨ましがられる男」
「イケメンな男」
といった、浅はかな視点で男の価値を測りません。
魔性の女たちは自分独自の目標に向かって
努力していることも多いですが、
女性にありがちな「頑張り屋アピール」などはなく、
何事に対しても動じずに淡々と達成していくことが多いのです。

「良くも悪くも『女の子』すぎないところがいい」
(20代男性)というように、
性別に拘らず分け隔てない付き合いを望む男性にとって、
一匹狼女子は理想的だと思われるようです。
いい意味で友人のような関係を築くことができれば、
フェアな付き合いができそうです。

内面が個性的でユニーク

魔性の女と呼ばれる女性たちは、
外見だけでなく内面も魅力的です。
清楚でけなげにみえるときもあれば、
男らしくたくましい姿をみせることも。
彼女の内面から出てくるいろんな引き出しに、
男たちは飽きないのです。

「あの屈託のない笑顔や、くるくると変わる豊かな表情。
見ていると飽きないんだよね。
無邪気な少女のように大きな口をあけて笑っていたかと思うと、
ふとした瞬間にぞくりとするような
色っぽくて大人っぽい一面も覗かせたり。
とにかく男性の想像力がかきたてられる女性なんだよ」と力説。

スポンサーリンク

謎が多い、ミステリアスな女

人間は謎にひかれます。
よくわからない、もっと知りたいという欲求をそそられると、
より興味がわいてくる生き物なのです。
自ら、すべてを開示してしまっては、
男は「もうおなかいっぱい」なのです。
常に、どこか征服できない部分、
余裕をもっておくことが大事なのです。
征服しても征服しても、
すべてを征服しきれない女で居続けることが、
魔性の女であることの秘訣なのです。

男を快楽の園へと導き、
そして手放し破滅させる魔性の女の事ですね。
雰囲気がどこか謎めいていて、
男がまだ知らぬ未知の世界へと誘ってくれるようなそんな存在。
憧れと怖れの入り交じる、
感情の深いレベルから手招きされるような、
抗しがたい魂の衝動。
ファム・ファタルとは男の運命を決める、
ある意味不吉な女でもあるのです。

少女のような無邪気さと、冷静さの二面性

見るからにいかにも派手な女、
男なれしてすれた感じの女は、あまりモテません。
内面はすごくミステリアスで、
すこし気まぐれなんだけれども透明感があるという、
このアンビバレンツが魔性を保つには非常に大事なことなのです。
魔性の女たちは、無邪気で少女のような一面を持ちつつ、
大人の色気をかもしだすことが自然にできるのです。

まず魔性の女と呼ばれる女性達の特徴は、
一見見た目が清楚な感じに見えることです。
派手でメイクが濃い女性らしさを強調した人は少なく、
どちらかといえば化粧は控えめで
透明感のある雰囲気を持っているのが特徴です。

無意識に、自分の思いのままに操ってしまう女性

小悪魔は計算高く、
「あれがほしい、これがほしい」などと自ら甘え、貢がせる。
奥の深い魔性の女は、そんなしたたかな計算すらしない。
なぜなら、彼女はその天性の魅力によって、
生まれた時から周りに愛され、
頼まずとも周りが与えてくれていたからだ。
そう、いつか吸い取られてしまいそうだけど、
憎めない愛されキャラでもある魔性の女。

魔性の女性は、美人で色気もあって、
不思議な魅力を持っています。
小悪魔的な女性の愛嬌的な魅力ではなく、
生気を吸い取られてしまう、
意思を吸い取られてしまうような魅力です。

人に執着しない

魔性の女は、どこか謎めいている。
可愛く甘えることはあっても、
普通の女のようにどっぷり相手に依存することはない。
いつも、「この女をほっておいたらどこかにいってしまいそうだ」
と思わせるからこそ、男の狩猟本能をそそるのです。

男性は「彼女について何かを知りたい」と思うものの
「何か」が自分でも見つけられないため、
彼女に対する興味が尽きず長い間、
追いかけ続けてしまう存在になるのです。

魔性の女は甘え上手。
でも、好かれたいからといって決して媚びたりはしません。
自分への反応が薄くても、
こちらから見限るか違うキャラで攻めるまで。
そこがカッコよくもあるのです。

 

スポンサーリンク

-雑学
-

執筆者:

関連記事

海水浴はいつから始まった?海水浴の歴史について

夏のレジャーと言えば海水浴。 泳ぐことだけに限らず、砂遊びや磯釣り、サーフィンやボディボード、 最近ではフライボードなど、楽しみ方もいろいろあります。 そんな海水浴ですが、最初は何と医療行為のひとつだ …

日本に原爆を落とした理由は?アメリカの考えとは

以下の疑問はアメリカ人のアメリカ人による疑問とその回答であり、 原文をそのまま翻訳したものだ。 なので日本の戦争がらみにおいての疑問の回答に関して、 我々日本人にとっては納得できない部分もあるだろうが …

女子高生が発案した痴漢抑止バッジとは?

「痴漢抑止バッジ」が普及し始めている 痴漢の被害に悩んでいた都内在住の女子高生が 「痴漢抑止バッジ」を発案。 「被害に遭う前に痴漢を防ぎたい!」 という切実な思いから『痴漢抑止バッジ』が誕生し、 普及 …

「闇サイト」に潜む危険性とは?

東京・田園調布での女子中学生の誘拐事件 東京・田園調布で中学1年の女子生徒(12)が連れ去られ、 家族が2000万円を要求された身代金目的誘拐事件。 生徒は連れ去られてから約二時間五十分後に無事保護さ …

土用の丑の日とは?ウナギを食べる意味や由来について

今年2017年の土用丑の日はいつなのか? そもそも『土用丑の日』とは何なのか? 2017年の『土用の丑の日』の日にち 鰻(うなぎ)を食べるのが習慣となった、 『土用丑の日』についてです。 世間一般で言 …