季節のトピックまとめサイト

季節のトピックに関するまとめサイトです。

雑学

「闇サイト」に潜む危険性とは?

投稿日:2017年8月26日 更新日:

東京・田園調布での女子中学生の誘拐事件

東京・田園調布で中学1年の女子生徒(12)が連れ去られ、
家族が2000万円を要求された身代金目的誘拐事件。

生徒は連れ去られてから約二時間五十分後に無事保護された。

「インターネットの闇サイトで知り合って、拉致を持ちかけた」
と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。

羽田容疑者がインターネットの闇サイトに
「仕事をしませんか」などと書き込み、
2人がこれに応じたとみられています。

逮捕された3人の男は、
事件当日にインターネットの闇サイトを通じて知り合い、
初めて会っていた。

「闇サイト」とは

闇サイト(やみサイト)とは、
犯罪などの違法行為の勧誘を主目的としている
ウェブサイトの総称を示すマスコミの造語である。
ネット社会においては一般的に
「アングラサイト」と呼ばれることが多い。

携帯電話向けに開設されたものが多く
コンピュータのブラウザからは閲覧不可のものが多い。

殺人や恐喝などの犯罪行為の請負や、
違法行為の仲間を求めるものなど、
反社会的な問題行為に荷担してしまうものが殆どである
(但し、全ての闇サイトが違法であるというわけではない。
例えば自殺の具体的手法を解説したサイトは
一般的に反社会的であるとみなされるが、
法律上の関係から犯罪ではない)。
単語そのものは、2005年10月頃からメディアで使われ始めたが、
闇サイトの名が一躍有名になったのは
2007年の闇サイト殺人事件がきっかけで、
同年の新語・流行語大賞の候補語にもなった。
こうしたサイト立ち上げの動機は、
日本テレビのNEWS ZEROが行った取材によると、
広告収入(アフィリエイト)を目的にサイトを立ち上げ、
犯罪の勧誘が行われても無関心という開設者の実態が報道されており、
日刊ナックルズが闇サイト運営者へ直接行った取材でも、
その運営者が広告収入目的で立ち上げたことを告白しているなど、
広告収入目的で立ち上げられた例が報道されている。
闇サイトの中には、
法執行機関がおとり捜査を行うものがあるとされ、
2008年に閉鎖されたボットネットの情報交換サイトは
FBIのおとりサイトだった。

警視庁も犯罪の未然防止のため、
把握しているだけで約600~700ある
闇サイトの監視を続けている。

スポンサーリンク

闇サイトが原因となった事件

名古屋市千種区で2007年、
携帯電話の「闇サイト」で知り合った男3人が会社員、
磯谷利恵さん(当時31)を拉致・殺害した事件で、
強盗殺人罪などに問われた堀慶末被告(37)の上告審で、
最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は13日までに、
検察側の上告を棄却する決定をした。
一審の死刑判決を破棄して無期懲役とした二審判決が確定する。
決定は11日付。

共犯で起訴された神田司死刑囚(41)は一審で死刑、
川岸健治受刑者(45)は二審で無期懲役がそれぞれ確定している。
事件の被害者は1人で、
死刑を選択すべきかどうかが焦点だった。

決定理由で同小法廷は
「動機に酌量の余地はなく、犯行は計画的で残虐かつ無慈悲。
被告の刑事責任は誠に重大」と指摘。
一方で、神田死刑囚との役割の違いや
被害者が1人である点を重視した二審判決について
「甚だしく不当だとはいえない」と結論づけた。

一審・名古屋地裁は、
結果の重大性などから
「被害者が1人であることなどを最大限考慮しても
極刑はやむを得ない」と判断。
神田死刑囚と堀被告に死刑を言い渡し、
自首した川岸受刑者のみ無期懲役とした。

二審・名古屋高裁は
「最も重要な役割を果たした神田死刑囚と
全く同等にみることはできない」とし、
堀被告の一審判決を破棄、無期懲役を言い渡した。

スポンサーリンク

一、二審判決によると、
堀被告ら3人は07年8月24日夜、
帰宅途中の磯谷さんを路上で拉致し、車内に監禁。
現金やキャッシュカードを奪い、
頭をハンマーで殴るなどして殺害した。

闇サイトは海外でも問題になっている

米連邦捜査局(FBI)は2日、
インターネット上の闇サイト、
「シルクロード(Silk Road)」を摘発し、
サイトを運営していた男を逮捕、訴追したと発表した。
このサイトでは違法薬物の売買をはじめ、
殺人を代行する人物の紹介、
ハッキング・ツールの取引などが行われていた。

シルクロードは世界各地にいる利用者のプライバシーを守るためとして、
Torネットワークとネット上で流通する仮想通貨
「Bitcoin(ビットコイン)」を利用していた。

司法省の声明によると、
サイト運営者のロス・ウィリアム・ウルブリヒト
(Ross William Ulbricht)容疑者は1日にサンフランシスコ
(San Francisco)で逮捕されたという。
また、検察当局によると、
電子マネーとしては過去最高額となる約360万ドル(約3億5000万円)
相当のビットコインを押収したという。

裁判所の記録によれば、
ウルブリヒト容疑者は2011年1月ごろからヘロインやコカイン、
LSD、メタンフェタミンの取引を行うこのサイトを運営。
また、サイトでは他人のパソコンからパスワードを盗んだり、
他のパソコンで行われたキー入力を記録するためのソフトウェアなど、
ハッキング・ツールも売買されていた。

同容疑者はまた、
今年3月にシルクロードの利用者らの身元を明らかにすると脅してきた
別の利用者の殺害を依頼しようとした件で訴追された。

2010年からは日本でも専門のチームが作られ、摘発にあたっている

インターネットで犯罪の共犯者を募集する
「闇サイト」が問題になっていることを受け、
警視庁は2010年4月5日、特命チームを設け、
「闇サイト」の取り締まりに乗り出した。

「ネットハンター」と名付けられた特命チームは、
インターネットの掲示板で共犯者を募集する書き込みを探し、
犯罪を未然に防ぐことを目的としている。
時には、捜査員が募集に応じるふりをしてメールをやりとりし、
摘発を行うことも想定しているという。

発足式で、池田克彦警視総監は
「一般市民が安易に犯罪に手を染めるきっかけになるなど、
治安対策上、看過できない大きな問題である」と、
取り締まりに対する意欲を示した。

日本放送協会や産経新聞社、時事通信社の報道によると、
警視庁は本日から犯罪抑止対策本部に
「違法・有害サイト対策専従班」を設置したそうです。

「違法・有害サイト対策専従班」は28人体制となっていますが、
うち21人が共犯者を簡単に集められるため、
犯行の集団化や凶悪化を招くほか、
犯罪に加わる意思の無い一般市民が犯罪に手を染めるきっかけにもなる
「闇の職業安定所」などを取り締まる、
闇サイト対策専門の特命チーム「ネットハンター」であるとのこと。

ネットハンターは共犯者を募集する書き込みなどを検索して、
身分を隠して投稿者と連絡を取る「潜入捜査」で検挙を目指すというもので、
違法サイト情報を集約するため、
犯罪抑止対策本部に設置されていた事務局も統合するほか、
警察庁からの技術支援を受けるとされています。

なお、闇サイトをめぐっては、
サイトを通じて集まった男らが女性を車で連れ去って殺害する事件や、
男4人が女性6人を乱暴した事件などが起きていますが、
今までは十分な対応ができておらず、
「違法・有害サイト対策専従班」の設置により、
犯罪の準備段階での摘発につなげたい考えだそうです。

スポンサーリンク

-雑学
-

執筆者:

関連記事

子どもの日とは・端午の節句の由来について

子どもの日とは? こどもの日とは、 古来より「端午(たんご)の節句」として親しまれていた5月5日を 「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する日」 として1948年に定められた国 …

土用の丑の日、ウナギ離れが進んでいる

土用の丑の日 土用の丑の日(どようのうしのひ)は、 土用の間のうち十二支が丑の日である。 一般的には立秋前の18日間の夏土用をさします。 この期間を暑中と呼び、 暑中見舞いを出す時期でもあります。 土 …

お中元を贈る時期やマナーとは?お中元の意味と由来について

東京在住だけど、 今年は愛知在住でお世話になった方にお中元を贈りたい。 スポンサーリンク お中元を贈る時期やマナーは、地方によって違いがあるのか? そもそもお中元の意味や由来とは何なのか? その辺りを …

女子高生が発案した痴漢抑止バッジとは?

「痴漢抑止バッジ」が普及し始めている 痴漢の被害に悩んでいた都内在住の女子高生が 「痴漢抑止バッジ」を発案。 「被害に遭う前に痴漢を防ぎたい!」 という切実な思いから『痴漢抑止バッジ』が誕生し、 普及 …

中学生棋士の藤井聡太が凄すぎる!?

藤井聡太の天才過ぎるエピソードを総まとめ! 藤井聡太(ふじいそうた)は、 中学2年生のプロの将棋棋士(四段)。 史上最年少の14歳2カ月でプロ入りを果たした、 藤井聡太の天才ぶりが話題になっています。 …