季節のトピックまとめサイト

季節のトピックに関するまとめサイトです。

生活

室内環境対策(ダニ・カビ)(1)

投稿日:2017年4月18日 更新日:

気管支ぜん息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の中には、
ダニのフンやカビなど(いわゆるハウスダスト )を吸い込んで、
アレルギー症状を引き起こすものがあります。
ダニやカビはどこにでもいるものですが、
増えすぎないような環境づくりが大切です。
ここでは、
(1)ダニ対策のポイント
(2)カビ対策のポイント
をお伝えします。

(1)ダニ対策のポイント

ダニは乾燥に弱く、増殖に60%以上の湿度が必要です。
ダニを増やさないためには、
寝具類は日光や布団乾燥機でよく乾かすことが重要です。
また、ダニのフンや死がいもアレルゲンとなるため、
じゅうたんや畳の掃除機がけは、
ゆっくりノズルを動かしながら吸引することで、
ダニだけではなく、ダニのフンや死がいなどのアレルゲンを
効果的に吸い取ることが大切です。
寝具類は、干した後の掃除機がけが有効です。
また、ダニのフンなどのアレルゲンは水で洗い流せるので、
寝具類やぬいぐるみは洗える材質のものを選び、定期的に洗います。
以下は、ダニについて詳しく紹介しています。

スポンサーリンク

ダニとは

ダニは節足動物で、昆虫とは遠い親戚、クモとは近い親戚です。
体の形態が、クモや昆虫とは違っています。
世界で約4万種のダニが知られていて、広く環境中に生育しています。
具体的には、動植物に寄生するもの、土中や水中などに生息するもの等、
様々な生活様式がみられます。
それらの多くは静かに暮らしていますが、
一部は私たちの健康に影響を及ぼします。
私たちの最も身近に生息するものはチリダニで、
体長0.3~0.5ミリメートルと微小なため肉眼では見えません。
ダニそのもの・死がい・フンがアレルギー症状
(気管支喘息、鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎など)の原因となります。

スポンサーリンク

チリダニが好む場所は

ダニが生きていくには次の3つの条件が必要です。
(1)餌(えさ):人の垢(あか)やカビ・食べこぼしなど。
(2)潜る場所:畳・じゅうたん・寝具などの狭い隙間。
(3)温湿度:最適温度25~30℃、相対湿度60~80%。
家庭における居室内は、
じゅうたんやソファーなどのダニの潜る所が多く、
ダニにとって生育しやすい環境が整っています。
特に近年の居室は、気密性が高いため、多量の水分が発生します。
浴室や台所での換気が不十分だと、
湿度が下がらずに結露がおきやすくなります。
湿度が高いとダニの餌となるカビが生育し、
ダニが住みやすい環境がつくられます。
家庭でよく見られるチリダニは
高温・多湿な環境(25℃、湿度75%)のもとで
卵から成虫になるのに約1ヶ月、
メスは2~6ヶ月生存し約100個の卵を産みます。
ネズミ算ならぬ“ダニ算”で、短期間に増殖します。
年間を通してみられますが、通常、湿度の高い梅雨時に増えはじめ、
夏期の7月下旬から9月上旬に最も数が多くなります。

ダニのアレルゲンを減らすには

アレルギーの原因となるダニを減らすには、
上記の3条件をできるだけなくすことが重要です。 
具体的にその対策を述べます。
・床面の掃除:じゅうたん・畳など床面、
 およびソファーなどを掃除器で十分吸い
 (1平方メートル当たり20秒ほど吸引)、
 ダニの餌やアレルゲンであるダニやそのフンなどを除く。
・寝具の処理:布団などは、晴れた日によく日に干す。
 干した後にそれらの表面を掃除器で吸う。
 丸洗いできる毛布や布団を使用する。
 布団・枕カバーやシーツをこまめに取り替える。
・ダニの潜ることの少ない素材の使用:床面を板張りやクッションフロア
 (フローリング)にしたり、布張りのソファーや椅子を合成皮革にする。
 ダニの通過できない高密度繊維の布団カバーやシーツは
 ダニの防除に有効である。
・乾燥:通気、換気や除湿に努め、室内の湿度を60%以下になるようする。
 梅雨時には除湿機を使用し、冬でも過剰に加湿器は使用しない。
 湿度を下げることはカビの予防にもつながる。
・整理整頓:チリダニは掃除の行き届かないところで繁殖する。
 日常的に掃除しやすいように家具類や押入れの整理整頓に心がけ、
 こまめに掃除する。

スポンサーリンク

-生活
-

執筆者:

関連記事

睡眠の質を上げるために重要な深部体温とは?

布団に入っているのになかなか寝付けないとお困りの方、 もしかしたらそれは深部体温が下がっていないことが 原因かもしれません。 実は、睡眠と体温は大きく関係していて、 体温をうまく調節することはより良い …

睡眠不足が引き起こす悪影響について考える①

なぜ寝なければいけないのかということは まだ解明されていませんが、 寝不足が人にとってどれほど悪影響を及ぼすのかは 研究によって明らかになっているようです。   「睡眠不足はメタボの元」 その仕組みを …

台風の成り立ちと大型台風に対する自宅の備えについて

毎年のように台風被害がある日本 台風とは、熱帯または亜熱帯低気圧が、 発達して最大風速17メートル以上になったものをいう。 気圧や台風の目が形成されているなどは関係ない。 日本に台風が多いのは 日本の …

夏バテ対策に最適?相撲部屋のちゃんこ鍋とは?

ちゃんこ鍋の味としては、 ちり鍋風のものと寄せ鍋風のものの 二つの系統があるとされているらしいですが、 各相撲部屋によって様々な味があります。 伝統の味、斬新な味、稽古後の濃い塩味、味噌味、さっぱり系 …

睡眠不足が引き起こす悪影響について考える②

睡眠時間が6時間以下の人は、 7時間以上の人より4倍も風邪をひきやすいとの調査結果 米カリフォルニア大学サンフランシスコ校のAric Prather准教授らが、 健康な男女164人(18?55歳)にホ …